山の音 (Legend archives―Comics)

著者 :
  • チクマ秀版社
3.52
  • (4)
  • (3)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805004470

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんて節度の保たれたコマ割り。
    そして緻密な部分とシンプルな部分の対比。
    白と手書きの影のコントラスト。
    まずは絵柄に素直に驚く。
    (五十嵐大介、藤原カムイを思い出した。)
    そしてお話の抒情!

    「山の音」
    「カットバック」
    「羽根の塔」
    「憑かれた男」
    「砂浜のメリークリスマス」

  • すでに巨匠の域に達してるんじゃないかい?「遠くへ行きたい」のような実験マンガとは違った意味での実験マンガ。

  • 薄れゆく民俗の中で、前の習俗を意図的に復活させんとする人と、他が大変よろしい。
     羽の何とかに出てくる、モーターは、ヘリコバクター・ピロリも持ってたりする。
     スペースコロニーは、シリンダー型だとあれなのだが、でも本書のシリンダー型スペースコロニーでの何ナニは、良いのである。
     何のアレがエロい。
     柳田国男先生によると、熊野あるいは東北で、死ぬの婉曲表現で「カネニナル」と言ふのがあったさうである。はい。

  • 作者自身「漫画を掲載する雑誌がつぶれる」というフォークロアを纏い、件に関するものも描いているが、本書は九州で巨人もの。
     現代人である村の人々その他と、現代人である自衛官が、九州の山村で、民話の世界に迷い、何とかする。
     このIDを使う人でここを書いた人Aだけの主観で、ヤマトタケルの伝承を襲い「神話の通りだ」というシーンは諸星大二郎『暗黒神話』へのオマージュだ、と思っている。

  • ¥105

全6件中 1 - 6件を表示

山の音 (Legend archives―Comics)のその他の作品

山の音の詳細を見る 単行本 山の音 とりみき
山の音 (ちくま文庫) 文庫 山の音 (ちくま文庫) とりみき

とりみきの作品

ツイートする