永島慎二の世界―1962年から1972年アンソロジー (もん・りいぶる)

著者 :
  • チクマ秀版社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805004616

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [ 内容 ]
    1962年から1972年に描かれた珠玉の短編集。
    代表作『青春裁判』『花いちもんめ』から1972年、女性誌に掲載された『井上陽子の場合』まで。
    全11作を収録。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1937年、東京に生まれる。国民学校(小学校)1年の時に東京板橋で空襲にあう。『花いちもんめ』(青林堂)で第十七回小学館漫画賞を受賞。主な作品に『少年期たち』『漫画家残酷物語』『愉しかりし日々』(朝日ソノラマ)、『黄色い涙』(青林堂)、さし絵に『まいごのきょうりゅうマイゴン』(金の星社)などがある。

「2014年 『麦畑になれなかった屋根たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永島慎二の作品

ツイートする
×