ドクター・オガワに会いにいこう。―はじめてのマーケティング

著者 :
  • 千倉書房
3.44
  • (2)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (30ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805108451

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「マーケティングって何だろう?」という気持ちをすっきりさせてくれる一冊です。本書は、マーケティング初心者向けに書かれていますので、出来るだけ平易な文章で書かれていますし、1時間程度でサラッと読むことができます。

    需要を喚起するためには、ターゲットを絞ることから初め、そのターゲット(お客さま)に対する期待値を上回るよう努力することが必要です。そのため、製品開発や、製品を提供する仕組みを考える必要があるんだと再認識できました。また、ブランド作りの重要性についてもイメージすることができました。4Pや4C、その他、もう少し深いところについては、ほかの本を手に取る必要があるかと思います。

    それ以上に重要なことは、「お客さまのことを考えること」。いや、わかっているつもりなんですが、これを実際の業務で発揮することが難しい。これは、製品を購入してくださるお客さまのことだけじゃないと思うわけです。つまり、上司からの指示も、これはお客さま(クライアント)からの依頼と捉えることができると思うんですよね。上司が求めていることをよく聞き、その期待度を上回る成果を出すことも、マーケティングじゃないかと。

    なんにせよ、本書を絵本と馬鹿にすることなかれ。マーケティングに興味がある方×初心者であれば、是非手にとってみてください。

  • サブタイトルは、「はじめてのマーケティング」という通り、絵本でマーケティングの基礎が書かれています。



    絵本と思ってバカにするのは大間違いで、私もあまりイメージがわきにくかったマーケティングの必要性が本当に分かりやすく書かれています。



    新入社員の研修でも使えるのではないでしょうか?

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

小川 進(オガワ ススム)
神戸大学大学院経営学研究科教授
1964年兵庫県生まれ。87年神戸大学経営学部卒業、98年マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院にてPh.D.。2003年より現職。主な著作に『イノベーションの発生論理』『ドクター・オガワに会いに行こう』(千倉書房)、『ディマンド・チェーン経営』『稼ぐ仕組み』(ともに日本経済新聞社)、『競争的共創論』(白桃書房)がある。ユーザー・イノベーション研究では世界的な評価を得ている。2012年高橋亀吉賞(優秀作)受賞。

小川進の作品

ツイートする