忘れられた子供たち スカベンジャー (ハートシリーズ)

著者 :
  • 中央法規出版
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805815618

作品紹介・あらすじ

アジア最大のスラムといわれるフィリピンのスモーキー・マウンテン。このゴミの山で生活する子供たちの日常を記録した映画「忘れられた子供たち「スカベンジャー」」は地獄とも思える環境の中を生き抜く人々の瞬間瞬間の輝き、哀しみと喜びを描き、完成以来各地で上映会が開かれ、観る人たちに深い感動を与えている。映画の製作に至る動機、完成までの苦労、さらには登場人物たちの現在の暮らしぶりなど、本書は、四ノ宮浩監督が熱い思いを込めた筆致でつづった記録である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "より貧しい"人がいると知ることで優越感(安心感)に浸る人もいるかもしれない。
    俺は、そんな風には思えなかった。
    どうにかできないか。
    食えないことほどつらいことはない。

    世の中で数えきれないほどの金を稼いでいる人たちに言いたい。
    豪華な別荘やスポーツカー、プライベートジェットを買う余裕があるなら、食うに困っている人たちに仕事を生み出すよう知恵を絞ってほしい。

    そんな人たちは、食うに困らない程度の金は持っているし、それなりの地位にいる人だろうから知恵(悪知恵含め)はあるんだと思う。
    知恵の使い道を考えてほしい。

  • フィリピンのスモーキーマウンテンの子どもたちのおはなし大人になって別の仕事をしようとしても結局 ゴミ拾いに戻ってしまっていたりするゴミを拾っているかぎりは 犯罪に手を出したり売春したりする必要はない っていうのがけなげだなぁ とおもった

全3件中 1 - 3件を表示

忘れられた子供たち スカベンジャー (ハートシリーズ)のその他の作品

四ノ宮浩の作品

忘れられた子供たち スカベンジャー (ハートシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする