65 27歳の決意・92歳の情熱 対談・日野原重明×乙武洋匡

  • 中央法規出版
3.43
  • (5)
  • (10)
  • (20)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 73
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805824207

作品紹介・あらすじ

"後悔"のない人生とは?仕事、結婚、家族、老い、死…。世代を超えて、注目の2人が"人生の選択"を語りあう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 皮の流れを一歩離れた視点から眺める

    閻魔大王の秤 時間の傾き

    ジブラン 弓をできるだけ張ってやるのは親の務め しかし飛ぶ先は子供が決めること

  • 日野原先生の他の人たちの言葉などの引用がすらすら出てくるのがすごい。
    ヘロドトスの言葉で、平和な時には、息子らはその父の骨を葬り、戦いの時には父たちはその息子を葬る。

  • 三葛館一般 914.6||HI

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=35426

  • 27歳の乙武くんを、四回戦の試合で二回戦に入ろうとしている時だと表現する。92歳の視点で見たら、私たちはまだまだ何にでも挑戦できて、まだまだいい試合のできる時期、逆転どころかまだ試合の前半戦だということに、ハッとさせられた。

    自分もまだ前半戦。焦りも諦めもまだ早いと思えた。


    日野原先生のような、医者が転職のような方が、若い頃に病気というハンデを追って遅れをとり、医師になることをやめようとすら思ったことがあるというエピソードも印象に残った。
    ハンデを追ったと思ったものが、実はいまの日野原先生の優しさの元になっていると思うと、どんな経験もプラスになる可能性があることを、実感できる。

  • 「五体不満足」の著者で乙武さんの若き挑戦の日々。
    それを92歳(現在101歳)の現役医師日野原さんがあたたかくリードするトークが読んでて心あたたまります。
    九州大学:すず

  • 2013.4.14
    乙武洋匡の小説は読んだ事があったけど五体不満足は読んだ事がない。
    日野原重明先生は顔と名前は知っているけど著書を読んだ事はない。
    そんな半端な私の中の知り合いの対談。
    乙武洋匡は五体不満足で素晴らしい人間のようにいわれている気がするが、この本を読むと中身が浅い気がする。まあ私に言われたくないだろうが。
    逆に日野原重明先生は、成る程なぁと感じられる所が多々あった。
    対談のかみ合わせがいまいち?と思ったのは私だけだろうか?

  • ミニ展示「日野原重明氏関連本紹介」2012年5-6月

  • 自分が与えられた時間をどう使ったによって、自分の喜びになるか自分を殺すようなものになるかが変ってくる 何か色々なものに導かれていまの位置にいるな、というきがします 

  • 日野原先生と乙武洋匡さんとの対談をまとめた一冊。

    穏やかな会話の中から、自分が知らなかったモノの見方、忘れてしまっていた大切なモノに気付かされました。
    これは、本当に一読の価値あり!
    本が好きな人なら、あっと言う間に読み終えてしまうでしょう。
    気になる一文にはラインを引いたり、繰り返し読み直すのにも最適かも。

  • こういう世代間のシャッフルを、もっともっとするべきだと思う。
    人間味ある2人の対談本。

全18件中 1 - 10件を表示

プロフィール

日野原 重明(ひのはら しげあき)
1911年10月4日 - 2017年7月18日
1941年以降聖路加国際病院の内科医となり、以降も学校法人聖路加国際大学に関わる役職を歴任し、聖路加看護大学学長、聖路加国際病院院長を経て聖路加国際病院名誉院長に。よど号ハイジャック事件の人質になったことでも知られる。また、戦争体験から医療への設備投資を積極的に行い広大な病棟を作ったことが、地下鉄サリン事件勃発の際に緊急応急処置場として機能、被害軽減に繋がっている。
お茶の間でも親しまれて、数多くの作品を記した。代表作に、生きるための知識と作法を説く『生きかた上手』。遺著となったのが死の直前まで続けられたインタビュー『生きていくあなたへ』。

日野原重明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする