わが家は自閉率40%―アスペルガー症候群親子は転んでもただでは起きぬ

著者 :
制作 : 日下充典  丸山誠司 
  • 中央法規出版
3.40
  • (2)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805829035

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 健常者と障害者の違いってなんだろう。自分は自閉症じゃないって胸を張って言える人はいるのか。

  • アスペルガー症候群のRくん子育て記。Rくんのこだわり(信号、スケジュールなど)、学校の先生方に対する苛立ち。

  • 5人家族のうち、著者である母と長男Rの2人がアスペルガーと診断されている。
    アスペルガーの母がアスペルガーの長男の育児の苦労やバトルについて描いています。

    以前に読んだ泉流星の「僕の妻はエイリアン―『高機能自閉症』との不思議な結婚生活」は、すごい仕掛けがある意欲作だった。
    それと比べるとあっさりと読めて、Rくんの自閉傾向もそれほど強調されることもない。

    Rくんの療育はとてもうまくいっていて、とてもステキな子に育っているようです。
    とてもすごいことで、千手さんがとても努力されてここまで育ててきたんだなぁ、というのがよく分かります。

    私が注目したのは、母千手さんのアスペルガー的な考え方。
    とても合理的で、感情ではないところで話をするやり方が私はとても好きです。
    母子通園施設に対する、彼女の辛辣な言葉。
    でも、同時に「全力で愛し受け止めてくれた」と感謝もしている。


    「感謝している」という気持ちを持っていたとしても、その理由でおべんちゃらを言ったりしない。
    そうだけど、それとは関係ないところで厳しい批判もできる。
    それは、社会の中では「嫌だな」と思われる原因になってしまうかもしれない。
    でも、私はそういう合理的なやり方が好きだ。

    行動を批判するけど、その人をのものを批判しているわけじゃない。ってこと。
    そういうことが、きちんとできる社会になってほしいなと思う。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする