「困った人」にひそむ「うつ」―性格の問題と片づけてしまう前に (シリーズCura)

著者 :
  • 中央法規出版
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805830154

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図が非常に秀逸!が読んでる途中での感想。
    今までどうやって乗り切っていたんだろうと思う人に割り当てて考えたらスッキリ。
    巻末には、それでもうつに当たらない人への対応も書かれていたことが印象に残った。
    若年層のうつの現状も興味深かった。確かに、昔と環境が違うんだなと。
     

  • 2階書架 : WM171/SHI : 3410155199

  • 良書だと思う。「新型うつ病」などというものが主張されて久しいが、それでも(あるいは敢えてそう区別することによって)従来のメランコリー型うつ病のみを本来のうつ病と認め、それ以外は本人の未熟さや性格の問題にしてしまうという風潮は強い。しかしふと振り返れば、これはわれわれ精神科医にとって極めて虫のいい話だ。治療の道筋の決めやすいもの、薬に反応しやすいもの、医者の言うことをよく聞いてくれるもののみを「正当な」病気と認め、それ以外は性格の問題と切り捨てられるなら、どれだけ楽なことだろう。しかし人格障害と言う言葉が世間で一人歩きを始める前から、その萌芽は精神科医療の中にはあったのだ。
    本書はそうした都合のいい区別を一掃してくれる。説得力をもってこれらがあくまでも連続的であることを示してくれる。若者の鬱に悩む管理職や家族だけでなく、医療に携わるものも目を通して損のない良書である。

  • うつ状態の人が読めば、「そうそう!ほんとにそんな症状になるよね!分かってくれる人がいてくれてうれしい。」と思えます。

    うつ状態の人の周囲の人が読めば、「なるほど、彼・彼女の不調はこういうことに原因があるんだな。性格や気持ちの問題ではないんだな。」と、理解を深めることができると思います。

    うつ歴4年の僕としては、甘えていると思われるかもしれませんが、一人でも多くの人にこの本を読んでいただいて、うつ状態ってどんななのかを知ってもらいたいと切実に願います。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

元・陸上自衛隊衛生学校心理教官。
防衛大学校を卒業後、陸上自衛隊入隊。陸上自衛隊初の心理幹部として、自衛隊員のメンタルヘルス教育、リーダーシップ育成、カウンセリングを手がける。
産経新聞社主管「国民の自衛官」受賞。退官後は、講演や研修を通して、独自のカウンセリング技術の普及に努める。
主な著書に、『自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術』(朝日新書)など。

下園壮太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする