障害をもつ子が育つということ―10家族の体験

制作 : 野辺 明子  横尾 京子  藤井 和子  加部 一彦 
  • 中央法規出版
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784805830222

作品紹介・あらすじ

この子は「つながり」の中で生きていく…障害をもつ子との日常を親たちが綴った手記集。編者が親・専門家の立場から寄せた「体験を読む」を付す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子ども達には、笑顔で接するコトが出来る(すれ違うだけだから?)、もっと何かを、、、

    中央法規のPR
    障害をもつ子どもと地域で暮らし始めた12人の家族の手記に、親・医師・看護・ケースワークの立場からのコメントを付す。新生児医療の「救命後」のフォローが課題とされる今、何が求められるのかを考える貴重な体験談集。好評『障害をもつ子を産むということ』の続編。
    https://www.chuohoki.co.jp/products/welfare/3022/

  • お子さんがまだ 結構小さいので 兄弟も 大変だなぁ と。

  • 「障害をもつ子を生むということ」のシリーズですね。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする