江國香織を語る―「異性愛神話」は崩壊したのか?

著者 :
  • 沖積舎
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806047315

作品紹介・あらすじ

江國香織ワンダーランド。『きらきらひかる』、『落下する夕方』を、男性ジェンダー/女性ジェンダーからの逸脱/解放、異性愛/シスターフードなどの観点から徹底解剖する白熱討論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 静岡大学の教授と大学院生2人、大学4年生1人の対談。大学生のレポートもある。

  • 江國香織ファンにはすごくたのしい、マニアックな1冊。
    「ほほう、そういう意図があるのか」
    とか
    「あれってそういう意味だったの?」
    とか。

    ただね、
    話し合いを録音して、それをほんとそのままを文章に書き起こしたみたいな書き方は非常に読みにくかったから、もうちょっと整理してほしかった。

    ホリ―・ガーデンについて議論したやつも読みたい。

全2件中 1 - 2件を表示

酒井英行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

江國香織を語る―「異性愛神話」は崩壊したのか?を本棚に登録しているひと

ツイートする