2時間でわかる 図解 ディベート入門―論争、商談、会議で絶対負けない!

著者 :
  • 中経出版
2.73
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806110101

作品紹介・あらすじ

日本人が苦手とする論理的思考のイロハを解明し、ディベートのスキル向上のための基本的ルールを図示する。論理を結びつける「哲学」の必要性を強調する。ディベートの正しい使い方をインプリント(刷り込む)する。学校ディベートから実社会でのビジネス・ディベートまでをカバーしている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ディベートはゲームであると説く。ルールが存在する。しかし、一般には、そのように思われていない、考えられていないのではないか?と書名の副題から推察される。自分が何を言いたいのか、というコアの部分を「哲学」というのが、一番大事なのであり、それなくして、競い合うことはできないだろう。

    図で解説しているのだが、理解しづらい。
    (もともと本文が難しい)例が、図に描いてあるが、理解しやすい&理解の妨げ?ページの下に横書きで用語解説、大変読みづらい。2時間で分かるのは無理。

  •  ディベートというものをよく知らないので読んでみた本。2時間でわかるとか書いてあるが2時間で理解できるように書かれていない秀逸な本。
     ことある事に日本人を貶める書き方をしていて読んでいてイライラするのだが、何処かで見たことがある書き方と名前にピンと来て調べてみたら、過去に何冊か読んだことのある著者だった、そしてもちろんそれに気付いたということは、この本以外もやはり実にイライラさせられる内容だったということ。
     日本人や日本語を蔑み、ことある事に英語最高!といいながら、最後には日本独特の考え方を持ち出してきて、それを元に考え出した自分の考えが最高!と自画自賛している。
     自分最高で、たまに厨二病的内容も書かれている、凄い自信に溢れた著作だが、ところどころ「うんうん、確かに確かに、それは素晴らしい」とちゃんと頷ける内容でもあるので憎らしい。

  • 二時間でわかると表紙に書いてありますがカタカナが多すぎてわかりづらいです。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1940年、大阪府に生まれる。国際ディベート学会会長。関西学院大学を卒業し、日商岩井、アメリカ大使館同時通訳者、日興証券、NHK教育テレビ「上級英語」講師などを経る。世界初の英語による異文化コミュニケーション検定「ICEE」を開発。日本にディベートを広めたことでも知られる。
著書には『日米口語辞典』(共編、朝日出版社)、『速読の英語』『速聴の英語』『超訳 武士道』(以上、プレジデント社)、『難訳・和英口語辞典』(さくら舎)など多くがある。

松本道弘の作品

ツイートする