図解 深層心理が面白いほどわかる本―本当のことがホントにわかる!

著者 :
  • 中経出版
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806118077

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 欧米には「甘え」に相当する単語がないらしい。口唇愛期の母子感情的交流に感情が大人になると厳しく抑圧されるという欧米文化と甘えが比較的許容される日本文化との違いは興味深い。
    前に読んだ本ではエディプスコンプレックスに違和感を感じたのだが、その後、性分化モデルは改訂され、「刷り込み」「イブ原則」等々によって説明されている事に納得した。要するに「男はつらいよ」って事かなと。
    総じてフロイト・ユングに焦点を当てつつ、批判もあり、深層心理を結構詳しく説明しているのでいろいろと勉強にはなったが、深層心理史として最終的にトランスパーソナルで締めくくっているのはちょっと疑問。そもそも、科学と哲学と宗教の統合って可能なんだろうか?まだ勉強不足だが、なんとなく怪しさもあるような。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1946年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。東邦大学名誉教授。専門は、心理学・現象学。著書に『夢の現象学・入門』(講談社、2016)、『フッサール心理学宣言――他者の自明性がひび割れる時代に』(講談社、2013年)など多数。

渡辺恒夫の作品

図解 深層心理が面白いほどわかる本―本当のことがホントにわかる!を本棚に登録しているひと

ツイートする