他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい

著者 :
  • 中経出版
3.10
  • (3)
  • (8)
  • (31)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 96
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806121336

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本でも書かれいますが、英語の勉強をする上で最も重要なのが「何の為に英語を勉強するのか」をちゃんとフォーカスすること。

    洋書を読むことは私の英語学習の目的の一つなのでこの本は非常に楽しく読めました。

  • 奇をてらった本は、読んではいけない。
    目次を一望しただけで、読むべき本ではないと分かる。
    タイトルで釣るだけで、中味のない本。

  • "洋書のビジネス本を読むことで、新しいアイデアやビジネスのヒントを得て、日本で実行に移してみよう。という本。
    洋書を読むことを勧めている。英語を使って何をするのかを考えるきっかけを与えてくれた本でもある。
    洋書の読み方教室。"

  • あまり期待していなかったけれど面白かった!ポイントはあまり厚くない本から入ることだな。やってみよう、

  • 一気に読みました!先生と生徒のやり取りを読んでいくうちに、自分も洋書が読めるような気になってしまいました。早速目標を立てて、私も勉強したいと思います。

  • フォーカス/トップダウン法:演繹法:あらかじめ情報を与える/カレーライス効果/心理的リアクタンス効果:限定されたものは欲しくなる/わんこそば効果/コントラスト効果:成果を実感すれば自信が湧く/キーワード自体が進化する/

  • ◆内容紹介 ( アマゾンより引用 )

    チャンスをつかむためのビジネス洋書の活用法を伝授。中学生程度の最低限の英語を活用してお金持ちになるための本。

    ◆著者からのコメント( アマゾンより引用 )

    この本は中学英語さえあれば誰でもビジネス洋書を読むことが出来る、ということを体感してもらうための本です。そして行動するための本。読むだけではほとんど意味がありません。書いてあることをご自身で試してみて、初めて意味が出てきます。ぜひ一歩だけでも踏み出してみてください。
    ちなみにタイトルの 「 億万長者 」 は 「 心豊かに自分自身の人生を生きている人 」 の比喩表現です。単にお金を持っている人を指しているわけではありません。

  • 現状を知る→わからないを具体的にする。
    予備知識の重要性,「洗濯の話」→理解度が異なる。
    目次を整理,マインドマップ→頭が整理
    人はプラスの出来事をどんどん忘れてしまう→加点評価日記
    カレーライス効果(一晩おくと味が具にしみこんでおいしい。わからなかったら一晩寝てもう一度)→イライラせずに寝る。
    心理的リアクタンス→限定されたものは欲しくなる。

  • 著者は、米国ウエストンケンタッキー大学卒業後、小中高生の学習塾「ソフィー長岡教室」において塾長を務めると共に、経営者とその卵のたえの「ソフィーザ経営者英語大学」の学長も務めており、現在「教育改革」をライフワークとして活動を続けている。

    著書に「できる人はビジネス洋書を読んでいる」がある。

    アメリカのビジネス書は、日本よりも5年は進んでいると言われており、その情報をいち早く吸収すれば、成功の確率は高くなるはず!!
    洋書は読みたいが英語力が・・という不安に対しても中学英語のレベルで読みこなす方法があますことなく紹介されている。

    本書のモトになったのは「経営者の英語を使える英語にする2つの方法」という小冊子。英語の教育に定評のある著者によりこれをベースに数多くの実用的な「知識」が詰め込まれている。

    登場人物は学習塾で塾長を務める著者こと「私」と高校時代の後輩で現在、将来継承する保険会社にて営業の修行を行っている「後藤」。
    この「後藤」へ未来の成功に向けて「洋書」を読むことについて私が「10日間」という期間を区切ってビジネス書を読みこなす教育を行っている。

    その方法について以下の6つに分けて説明している。
    ①ビジネス洋書を読みこなす10日間レッスン
    ②99%の英語学習者が犯している間違い
    ③英語教育の呪縛を解く
    ④ビジネス洋書の読解力をぐいぐい加速する法
    ⑤洋書を読むのが一段と楽しくなる魔法
    ⑥成功をつかみ取るビジネス洋書の選び方

    ビジネス書を読む中で、アメリカのビジネス書には非常に興味がある。
    しかし、大学生時代に一度「TOEIC」を受けて以来、ほとんど英語の勉強はしていない。洋書を原書のまま読むハードルの高さから見て見ぬふりしている人は私も含めて多いはず。

    本書を読んでいるとなぜか読めそうな気持にもなる。
    世の中甘くはないとは思うが読まないよりは一度は挑戦してみたくもなる。数冊自分の本棚にもアメリカの原書があり、これが私の土台をつくった源です。と紹介したいものである。

    自分が出来る事。まずは自分の目的にあった洋書を手に取ってみようと思う。

  • 2010.12.7
    Point
    1.トップダウン方式で洋書を読む
    2。目に付く単語をピックアップ。
    3。一語一語読まない

全19件中 1 - 10件を表示

三浦哲の作品

ツイートする