仕事がどんどんうまくいく「段取り」の教科書―ツボを押さえれば成果が何倍にもなる!

著者 :
  • 中経出版
3.31
  • (2)
  • (1)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806122838

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【目的】:段取りのツボを教えて。<BR>
    ・いい仕事と納得し、その目的が明確になっている。<BR>
    ・段取りは、いい正味仕事の準備だ。<BR>
    ・仕事を評価する視点は、成果、効率、満足度の3つ。<BR>
    ・To Do List、計画表、ガンチャートなどの見える化。<BR>
    ・4M・IT(人、機械、材料、方法、情報、時間)の活用。<BR>
    ・仕事の優先付けと整流化。<BR>
    ・定型、企画、創造仕事に分けて、段取りを管理する。<BR>
    ・正味仕事の後の後段取りも大切。<BR>
    <BR>
    #要領のよい仕事の進め方全般を概観することができた。<BR>
    #多くのテクニックが紹介されているが、まさに教科書的な情報で、その活用のためには、もっと詳しい事例や活用法に触れる必要があると思う。<BR>
    #単なる情報で終わらせず、小さなことでも実行することが肝心。<BR>
    #とりあえず、整理整頓とすきま時間の活用を心がけたいと思った。<BR>
    <BR>

全1件中 1 - 1件を表示

吉原靖彦の作品

ツイートする