人に聞けない大人の言葉づかい (中経の文庫)

著者 :
  • 中経出版
3.04
  • (5)
  • (14)
  • (39)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 326
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806129738

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 思考の整理学等で有名な著者であるが、少し古い考え方のイメージがあるが、現代の女子高生の事例を出すなど、読みやすい内容となっている。しかし特に学ぶべきことはあまりなく、読み物としてはOK。

  • 「人に聞けない大人の言葉づかい」3

    著者 外山滋比古
    出版 中経の文庫

    p93より引用
    “ことばは、われわれが着る衣服のようなものである。
    着たきりスズメ、
    一つしか着物がないというのはまず例外である。”

    英文学者である著者による、
    言葉の教養を見につける為の一冊。
    言葉の気遣いから敬語の難しさまで、
    具体的な話がエッセイのように書かれています。

    上記の引用は、
    あいまいな言葉のよさを述べた項の中の一文。
    相手をうまく立てたり気遣ったりするには、
    語彙が豊富なほうが有利なのだろうと思います。
    p218のイギリスでの言葉と身分の社会的意義については、
    なんだかなという感じです。
    他の人が使うか使わないかで左右される上品さには、
    それほど重みがないように思います。

    ーーーーー

  • 「正しい日本語の使い方」といった類の本は、かなり読んできた方だと思う。最近は、読んだことのあるようなことばかりが書かれている本が多く出ているので、この手の本は買わないようにしていたのだけれど、本書は少し毛色が違うな、と感じて読んでみた。

    著者は1923年生まれの文学博士。
    お年を召した方であるせいなのか、内容は少々古めかしい気がする。
    日本語の「謙譲の美学」というものを重視しており、現在では他のビジネス書で好意的に受け取られてはいない「つまらないものですが・・・」といった表現を「日本人の良きところ。自分を低めることによって、相手を高めるということなのだ」と肯定している。
    また、日本人の美学としては、はっきりとした物言いを「はしたない」とするところがあり、曖昧にぼかすこと、そしてそれを察すること、そこが大切なのであるとする。

    現代の社会では、相手を選んで活用すべき本だと思う。
    謙譲の美を求める方々へは、とても有用。
    ただ、欧米のビジネス感覚へと傾倒している方々への対応には、使い方を間違えると、よろしくない結果を生むだろう。

    美しい日本語が廃れていく・・・と、著者は憂いているようにも思える。
    言葉の裏側を読み取り、隠された本意をくみ取る力、それが廃れていくのを嘆いているように思えるのだ。
    何もかもをハッキリと表現する必要はないではないか、ぼかした表現、その美しさがわからないのか、と叱られているようでもある。

    そればかりが書かれている訳ではなく、電話のかけ方や敬称の使い方、気遣いを上手く表す言葉などにも触れられている。
    「正しい言葉遣いの本ならたくさん読んでいるよ」とおっしゃる方にも、お薦めしたい一冊である。新たな視点から、「日本語」を考えるきっかけになる本ではないだろうか。

  • 外山滋比古さんの本という点と、「言葉遣い」と言う点から購入しました。読みやすく、気分転換に使用しようと。確かに、「殿」と「様」の違い(P148)とか、「やる」と「あげる」の違い(P143)などの知らないこと・誤った知識に関して知ることが出来たのですが、ここまで色々尊敬語や謙譲語について述べられるのであれば、もう少し「はしがき」において「へりくだった」書き方が必要なのでは?と、感じてしまった。「気楽に読んでいただければありがたい。」にて〆られていますが…。

  • 100814

  • いまいち。

  • めずらしく1日で読んだ。バイト先の電話研修に先駆けて読んだけど、ちょっとしか役に立たなかった。(電話研修だけに限定してしまうと仕方ないが。)
    でも「ことば」に対する興味が湧いた。それにしても「敬語」てややこしい…
    いまの若者とかひとくくりにさせると腹立たしいけど、でも自分自身いまの若者に該当する部分もあるなーて思った。なんか悔しい。

  • 京都〜東京間の新幹線で読破した。
    大声で「叫ぶ」ように議論する大人達が目についた。
    言葉づかいを蔑ろにすると、人間の質が下がると感じた。
    気をつけよう。

  • 言葉の使い方や礼儀に関して、為になる部分がけっこうあった。
    ただ、著者はかなり年配の方であるため、年配の方はこう思うんやな~といった具合で留めておく部分もあった。
    全体的には読んでおもしろかったし、垣間見える著者の言葉じりがおちゃめだったり。また、完璧な人間はいないな~という客観的な感想ももった。

  • 正しい絶対語感が必要=ことばの基本、構造

    繰り返し聞いて、話す、そして、慣用が出来て絶対語感となる。これに精神性が付いてきて、言葉となる。

    正しく、美しい絶対語感を作り上げれば、宝物を手に入れたようなものである。=学校教育に見失われている点。変な絶対語感は子供にとって、不幸にもなりえる。=イギリスでは、話す言葉、言説、(高度な言葉、情報)によって階級が変わる。言葉には、それほど力がある。これは、逆に言葉を変えればすぐにでも上流階級に見えることでもある。=バーナード・ショウ『ピグマリオン』、映画『マイフェアレディ』からも窺い知れる。

全41件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2019年 『やわらかく、考える。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人に聞けない大人の言葉づかい (中経の文庫)のその他の作品

人に聞けない 大人の言葉づかい 単行本(ソフトカバー) 人に聞けない 大人の言葉づかい 外山滋比古

外山滋比古の作品

ツイートする