世界一わかりやすい英作文の授業

著者 :
  • 中経出版
4.00
  • (12)
  • (17)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 134
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806131564

作品紹介・あらすじ

「ネイティブにはこの世界がどう見えているか」を徹底的に解説。だから、「なぜ、ネイティブはこう言うのか」がわかる。細かい知識や例文の丸暗記ではなく、いまある知識を最大限に使って英文をつくる方法を紹介。日本人なら誰もがしてしまうミス・思い込みをばっちり解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 《英作文の3つのコツ》
    (1) メッセージを伝える
    ex, 《比喩》猫の手も借りたい→《意味》忙しい
    (2) 知っている表現を使う
    (3) 子どもに説明するように
    ex, 留学→海外で勉強する
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    <1> 一般化←→具体化
    ex, one of the insects ←→ cicade
    (昆虫の一種) (セミ)

    <2> 事実←→気持ち
    ex, (事実) "あの件どうなっているかな?"
    ←→(気持ち)"あの件について話したい” 
    " I'd like to speak to you about that matter."

    <3> 否定←→肯定
    ex, (否定)月曜日以外は手があいていない。
    ←→(肯定)月曜は暇です。" I'm free on Monday."

    ex, (否定)There is no smoke without fire.
    ←→(肯定)Where there is smoke, there is fire.
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【Youの意味】
    1、あなた
    2、あなた含めたみんな=総称(★)
    ex, You can't buy friendship.

    【Weの意味】"仲間意識のWe"
    WeはTheyとの対立概念。Weを使うと、それ以外の他集団が意識される。

    【I think の使い方】
    (日)「思います。」→断定を避けることで丁寧さ・謙虚さ
    (英)「I think 」→他にも色んな考えがあるでしょうが、私はこう思う。
    ex, I think it's nice.(△)
    (意味:私はすてきだと思うけど、他の人はどうだかねぇ。。)
    →だから、プラスの表現、褒めたいときに使うべきでない。

    【And, But】
    文頭のAnd, Butはダメ。
    ex, S V. And S V.(×)
    → S V and S V.(◯)

  • 久々の再読。英文法、英作文とハシゴ読み。初心に帰るの大事だ。

  • 小平図書館

  • なるほどと思えたことがたくさんあった。

  • 曖昧な文法のチェック、使い方の確認にとてもよかった。
    巻末の問題集も知識の確認に役立ち、アウトプットの場があるのもよい。

    you→私を含むみんな we→対比を想定した我々/お菓子には三種類→①紙に包んだcandy②カリカリcookie③それ以外のcake/方位は範囲なのでin/日本語でのイキイキした表現をすべて英語にしようとしない/英語でのemailは相手への置き手紙感覚/時計は○時に向かって「~分過ぎた」か「向かって~分」と表現/in~→~経ったら動作が完了する/may well→たぶん~なる may→可能性は五分/and so→相手が想像できること such as →便宜上略すだけ/口が閉じるときはm(ex.december)/Mr.などは氏、のような改まった語なので、先生などにつかう→ふつうは肩書きにこだわらない/all→100%全員 most→だいたいみんな/関係代名詞で文をつなげすぎない/英語は「動詞」で文を詳しくする言語/I'm afraid→いいにくいこと/use→物を動かさずに借りる/at last →ついにできた after all→いろいろあったけど残念だった/the→みんなのイメージは同じ a→可能性のうちの一つ 無冠詞形→とりあえず全部/and、butは接続詞なので、文の間に使うもの/even if→実際はさておき even though→実際~だけど/because→新情報 since→旧情報/could→当時はできていた was able to→あの瞬間たまたまできた

  • 英語に興味がわく

  • 和図書 836/Se24
    資料ID 2013104695

  • 学生時代にこんな先生がいてくれたらなぁ。。。

  • デビッド・バーカーさんの本と似たような内容を日本人視点で書いてある本。こっちのほうがわかりやすいところもあった。巻末に練習問題がついているので、こっちのほうが好みの人もいるかも。これもまた何度も読み返して身につけたいな。

  • 意外な発見が多い。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年東京生まれ。埼玉県立浦和高校、慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。TOEICテスト990点満点。リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」講師。スタディサプリでの有料受講者数は年間20万人以上。今までの予備校では、250人教室満席、朝6時からの整理券配布、立ち見講座、1日6講座200名全講座で満席など、数々の記録を残した英語教育業界の革命児。著書は『世界一わかりやすい英文法の授業』(KADOKAWA)など累計100万部突破。英語を学習する全世代に強力な影響を与えている。

「2019年 『カラー改訂版 世界一わかりやすい英会話の授業』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界一わかりやすい英作文の授業のその他の作品

関正生の作品

世界一わかりやすい英作文の授業を本棚に登録しているひと

ツイートする