キミが働く理由

著者 :
  • 中経出版
3.67
  • (44)
  • (48)
  • (66)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 462
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806133049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【読書メモ】

    ●感動するために仕事する

    ●仕事は他人ができないことでお客様や社会に喜んでもらうこと。価値を提供すること。

    ●前向きに物事を考えると中傷や批判もアドバイスに聞こえる。

    ●関心を向けるには1つだけわからない言葉を話す。
     →一緒にかかわるきっかけを作る。

    ●夢や目標はできるかできないかではなく、やりたいかやりたくないかだけだ。
     →やるときめたら、どうしたらできるか、だけを考える。

    ●何があったかが問題ではなく、その問題をどう受け止めて、自分の人生や日々にどう生かしていくか、が大切。

    ●まわりに期待するのではなく、まわりを信頼する。期待は自分自身にする。

    ●仕事を自分が面白くする。姿勢次第でどんな仕事も夢になる。

    ●自分は何のために仕事をしているのかを思い出す。繰り返し思い出す。

    ●人のせいにしない。自分に原因を探す。

    ●まず「相手のために何ができるか」から考えていく。それが信頼関係につながる。

    ●信じきること以外に、本当に強いチームをつくることはできない。

    ●何かを成し遂げることが成功ではなくて、自分の使命を見つけだすことが本当の成功。
    ●適性というのは、能力よりも「好き・嫌い」
     →好きなことをトコトンやると使命感にかわる。

    ●働くとは、そこに社会的価値、存在価値(自分の必要性)を感じながら、自分らしく取り組むこと。

    ●価値観というのは自分の中になければならない。
     →自分が大事にしたいものを大切にする。

    ●悩んだ時には人に会う。特に自分が目指している人(自分が悩んでいることを乗り越えた人)に。
     →そして自分の行動を変える。

    ●相手を変えようとする(コントロールする)よりも、そばで輝いて生きるほうが大きな影響を与えられる。

    ●悩んだ時は誰かを励ます。それが自分自身を救うきっかけになる。

  • ■あらすじ<br />■誰に紹介したい?どんな悩みに効く?<br />■感想<br />なんかお坊さんのありがたい説教を聞いているみたいな感覚。<br />はたらく人への25のヒント集。<br />■その他(名言やキーセンテンスなど)

  • 2010.05.23読了

  • 何のために働いているんだろう、どの仕事をするのが一番いいんだろう、と悩んだときに読むといい。
    役に立たなくても、少なくとも気持ちは落ち着く。

  • 前半はありきたりなお小言かと思ったけど
    後半は納得できるような事が沢山書いてあったな。

    ある章は管理職の人に読んでほしい感じだったな。

    働く理由の前に皆生きてく理由を探していかないとだね。
    皆がこういう意識したら変わると思うしな。

  • 熱い気持ちになれる本。

  • どんな仕事も結局は考え方次第だよ。と言われていて、
    環境を変えずに現状を変えたい人向け。

    私がこれ読んだときは環境を変えたかったから、ちょっと違うと感じてしまった。

  • 値段、厚さの割には内容薄い。すぐ読み終えてしまった。

    働く理由がもやもやして
    夢を見出せない人が読んでも特に手は差し伸べられてはおらず
    要は何でも考えようで・・・っていうもの。

    そういうのも必要だとは思うんだけど、
    そういうことじゃぁないんですよ!と言いたくなるかんじ。

  • なんだか 元気になれる一冊でした。

  • 「自分に期待しよう!」

    言葉は悪いが、周りは正直アテにならん。
    周りに求めてどーすんの!?的考え。

    気持ちイイや☆

    そして、
    「世界を変えるために毎朝、目を覚まし」

    「やると決めること!!」
    →筋が通れば、周りは全てが
    パワーアップを助けてくれるサポーターなんです。

    ・・いいんですか?
    いいんです!!(カビラジェイ風)

全64件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

アントレプレナーセンター代表取締役 1958年生まれ。1988年株式会社就職予備校(現・アントレプレナーセンター)設立。通産省産業構造審議会委員を始め、数々の委員を歴任。人材育成、組織活性化、新規事業の立ち上げなどの専門家として、25年以上にわたり日本を代表するいくつもの大手企業や全国の地方自治体などで約7500回、延べ30万人以上に研修、講演を行う。自身のライフテーマである「世界中の人々が夢と勇気と笑顔に溢れた社会を創る」という志をもとに開催する夢の発表会「夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーション」のノウハウを無償公開している。また、東日本大震災後、「夢の国東北プロジェクト」を立ち上げた。 「他人の成功を応援すること」を生きがいとし、自身のポリシーは「通りすがりの者」。名を残さず世の中を変えていくことをテーマにするその姿は、多くの企業経営者、ビジネス書のベストセラー作家などから「メンター」と慕われている。受講生からの「人生が変わった」という声が後をたたない。

「2013年 『心で勝つプレゼン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キミが働く理由のその他の作品

キミが働く理由 単行本 キミが働く理由 福島正伸

福島正伸の作品

ツイートする