キミが働く理由

著者 :
  • 中経出版
3.67
  • (44)
  • (48)
  • (66)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 465
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806133049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◯相手が何をしたかではなく、相手が言ったことを自分がどう受け止め、相手に対してどうしたかで未来は変わる。
    ◯何があったかが問題ではなく、その問題をどう受け止め、自分の中でどう活かしていくかが大切
    ◯自分がどう思って、どう考え、どう行動するかが大切
    ◯「この仕事を面白くしてやろう」と思ったら、どんな仕事でも面白くなる
    ◯会社が自分に何をしてくれるかではなく、自分がこの会社をどうしたいか、会社のために何ができるかが重要
    ◯大切なことは、自分がそこにいる意味や価値を自分自身が実感しながら仕事をすること
    ◯どんな仕事でもまず大事なことは、その仕事の先に価値や意味を見つけること
    ◯何かを成し遂げることが成功ではなく、自分の使命を見つけ出すことが本当の成功

  • 昔に読んだが内容が思い出せない。

  • 「働く理由」というタイトルながら生きる意味や目的という哲学的なところまで話を広げた本書。

    体験談と具体的なエピソードが多く、楽しく読めたし、考え方も真似したいと思う点がいくつもあった。

    印象的なのは以下。
    ・自殺が少ない国は「生まれてきたから幸せ」感覚がある
    ・九州・黒川温泉の助け合いエピソード
    ・駐車場管理人のおじさんの仕事観に触れる話
    ・著者が起きたときに奥さんと「世界を変えるために起きた」と言い合う話(ちょっと読みながら笑ってしまったけど良いエピソード)。
    ・楽しそうに働く大人を見て子どもは夢を持つというエピソード

    あと常に感謝の気持ちを忘れないこと、というのは元々私のモットーだったけど、本書を読んでから寝る前に1日振り返って「ありがとう」を10個見つける習慣を始めた。
    意外に改めて考えると「ありがとう」忘れてるなーって気づく。

    こういった指南書は人によって好き嫌いは分かれそうだけど、私はたくさんの気づきを得られ、前向きになれる1冊(そして読みやすい)と感じた。

  • ・私は感動するために仕事をしたい→子どもよりも喜び子どもよりも悔しがる→子どもと同じ気持ちになり一緒に悩み喜ぶ→1000回断られても諦めない→失敗したら楽しくなる→失敗の原因を探り次はどうしたらうまくいくかノウハウが見つかる→諦めない、失敗を糧にする、まず自分ができることから行動する→何があったかが問題ではなくその問題をどう受け止めて自分の人生や日々にどう生かしていくか→⭐️毎日朝から晩まですべてのことに感謝という気持ちを持っていきる→⭐️自分がどう思って、どう考えて、どう行動するかですべてが変わっていく→まわりに期待するのではなく自分がどう考えてどう行動するか→この仕事を面白くしてやろうと思う→例えば、駐車場の管理人という仕事ではなく、みんなに喜んでもらうこと、笑顔になってもらうことを仕事にしていた→会社が自分に何をしてくれるかではなく、⭐️私がこの会社をどうしかいか、会社のために何ができるかが問題→毎日子供に仕事が楽しかったという→自分に原因を探しそれを自分が成長するチャンスに変えると信用が生まれてくる→他の人のために何ができるかを考え、それをやってみる→相手を信じ切る→⭐️自分らしく働けるか、自分の存在価値を感じられるか→価値観は自分の中になければならない、自分が大切にしたいものを大切にする→悩んでるときは目指している人に会う、本を読む→働くとは自分の存在証明→まず自分が夢を持ってワクワクしなが生きる→相手を変えようと働きかけるとほとんどの人が抵抗する

  • チェック項目7箇所。「仕事は何のためにするんだろう?」と考えたときに、私は感動するために仕事をしたいと思っています、毎日感動しながら仕事ができたら、とても幸せだと考えています。「知らない」というのは成長できるということ、素晴らしいことだと思いました、発見があり、小さな感動がいくつもありました。ビジネスや仕事というのは他人ができないことで、お客様や社会に喜んでもらえること、価値を提要することです。私は素晴らしい経営資源を持っていました、「未熟」という経営資源です、「未熟」な人間だったので、相手をびっくりさせることができたのです、「未熟」だから、成長が速いのです。夢や目標は、できるかできないかではない、やりたいか、やりたくないかだけでいいのです。仕事を楽しもうと思ったら、どんな仕事も楽しめます、「この仕事はつまらない仕事だ」「嫌な仕事だ」と思ったら、どんな仕事もつまらなくなります。あきらめない人が1人出ると、まわりで火がつく人たちがいっぱい出てきます、そうすると、若い人にも必ず火がつきます。

  • 好き嫌いが分かれる本だと思いますが、僕は好きです。自分が人生の岐路にたっているからっていうのもありますが、本当にできない理由を探すことはすごく簡単で、諦めることも簡単で、周囲のせいにすることも簡単で。そういう風に流されたくなくて、読みはじめましたが、何より一番あちゃーってなったのは、偉そうに人に言葉を使っていることに気づかずに、アドバイスと評して自分をその舞台に立つことがなかったこと。誰かがやってくれたらいいな、ではなく、それなら自分がやろう、そしてそれを存分に楽しめば見える世界が違ってくるってことを知りました。朝から泣かされるとは思わなかったです。

  • 働くことは、自分が何をやるか。何ができるか。誰かの為になるか。

  • スタンダードだけど大事なメッセージが綺麗に並べられてる印象。悩んでる新人さんには有難いのかも。

  • <閲覧スタッフより>
    人と比べずに、自分が必要とするものや自分が幸せと感じることを追及しよう。「働くこと」の意義もまた、そのなかに必ずある。そして悩みや不安は誰かに話してみよう。頭が整理され、予想外のヒントがもらえるかもしれない。この本にはそんな25のメッセージが込められています。
    --------------------------------------
    所在番号:366.29||フク
    資料番号:10207078
    --------------------------------------

  • なんだかあまりに極端すぎて、私にはあまり響かなかった。。
    仕事を始める前に読んだら、少しは感じ方が違っていたかな。

全64件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アントレプレナーセンター代表取締役 1958年生まれ。1988年株式会社就職予備校(現・アントレプレナーセンター)設立。通産省産業構造審議会委員を始め、数々の委員を歴任。人材育成、組織活性化、新規事業の立ち上げなどの専門家として、25年以上にわたり日本を代表するいくつもの大手企業や全国の地方自治体などで約7500回、延べ30万人以上に研修、講演を行う。自身のライフテーマである「世界中の人々が夢と勇気と笑顔に溢れた社会を創る」という志をもとに開催する夢の発表会「夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーション」のノウハウを無償公開している。また、東日本大震災後、「夢の国東北プロジェクト」を立ち上げた。 「他人の成功を応援すること」を生きがいとし、自身のポリシーは「通りすがりの者」。名を残さず世の中を変えていくことをテーマにするその姿は、多くの企業経営者、ビジネス書のベストセラー作家などから「メンター」と慕われている。受講生からの「人生が変わった」という声が後をたたない。

「2013年 『心で勝つプレゼン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キミが働く理由のその他の作品

キミが働く理由 単行本 キミが働く理由 福島正伸

福島正伸の作品

キミが働く理由を本棚に登録しているひと

ツイートする