世界一わかりやすい英会話の授業

著者 :
  • 中経出版
4.06
  • (11)
  • (15)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806133100

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々の再読。英文法、英作文、英会話とハシゴ読み。もう一度英語をやろうと思わせてくれる本。

  • 関先生シリーズ。
    熟語のタイプ分けで暗記?しやすくしたページがあるが、
    前置詞のとり方は、大西泰斗さんの「イメージハンドブック」の方が後の勉強に生きてくるかんじ。
    会話をする上で、英語話者の考え方の前提がわかるのがよい。
    返答の仕方は練習と慣れかなぁ

    go:悪い状態に近づく come:よい状態に近づく/wouldやwonderで遠回しにいうほど丁寧な表現になるだが、お薦めはmustで強くが礼儀/聞き取れない部分だけwhatなど置き換えて聞き返す/おごるよ→This is on me

  • 今まであやふやだった疑問が、雲が晴れるようにすっきりした。何よりも英語に対するもちべがが上がったのが大きい。謝謝。

  • 世界一わかりやすいかどうかはともかく。
    英会話でよく使われるフレーズで、なぜだろうと思うところをきちんと解説してある本。
    そういう意味でいえば、初心者が読むのではなく、ある程度勉強した人が読むべき本。
    これを読めば会話ができるというわけではありません。
    get、takeといった基本動詞を捨てろというアドバイスはなっとく。

  •  「まあね(Sort of. / Kind of.)などのあいづちや、You're welcome.以外のDon't mention it.やNot at all.などの定型表現、How are you?以外にWhat's new?などのあいさつ、などが紹介されている。さらにレストランで、タクシーで、電話で、入国審査で、などの場面ごとの表現の紹介や、「話すための文法」として、rob, provide, thank, persuade, prevent, suggestなどの語法が解説されてある。
     「わかりやすい~」シリーズはポイントが絞ってあって、しかも本当に分かりやすく平易に解説されている、というのが『~英文法の授業』を読んでの感想だったが、『英会話の授業』って一体何を解説するんだろう、という興味で読んでみた。丸暗記ではなく、表現の根底にある理屈や文化的な背景を解説、というコンセプトで解説されており、とっつきやすい。表現の幅を広げようという意図がある点も納得できる。具体的には、Remember me to ~の表現の解説、hang upが昔の壁掛け式の電話に由来する、So it is.とSo is it.の違い、How come?がHow did it come that SV?だったと考える、などの解説が面白いと思った。海外旅行をする人への、「ちょっとくらい通じなくてもへこむな!」みたいな応援も、わざわざコラムを設けて書かれている。(12/09/--)

  • 「考える」「知る」「伝える」英会話

    「考える」ー英文法をつかって
    ex, This is on me. (これは私のおごりです。)
    <on>=接触→心の接触(=依存)

    ex, A: How are you? B: It couldn't be better.(絶好調だよ。)
    <better>は比較級。だから何と比べてbetterなのか意識する。
    better (than this ). →(直訳)今より良いことはない。→今絶好調。

    ex, Do you have the time? (今何時でしょうか?)
    <the>=共通認識→話し手と聞き手が共通に認識できる事項
    the moon, the sunやthe tallestなど。
    the time=あなたと私で共通の時間→「現時刻」

    cf. What time is it now?よりも丁寧な聞き方。
    疑問詞から始まる聞き方はぶっきらぼうな印象を与える。

    「知る」ー文化背景
    ex, Oh my God!
    <God>=畏れおおくて口に出すのがはばかれる。
    →Oh, my Gosh! / Oh, my goodness! (Gotを言い換える)
    →Oh, my! / My! (Godを言わない)

    ex, Jesus!
    <Jesus>=God同様、口に出すのがはばかれる存在。
    →GeeZ! / Gee! (言い換える)

    「知る」ー状況
    ex, What can I get you? (ご注文は何にされますか?)
    (文法)    S V O(人)
    よってここでのgetはO(人)に何かを「与える」意。
    (直訳)私はあなたに何を与えられますか?→ご注文は何にされますか?

    ex, A: How would you like your steak? B: Well-done, please.
    欧米は料理の注文を細かく指定する習慣がある。

    「伝える」ー会話を途切れさない
    (1)相手が言ったことが一部聞き取れなかった時の聞き返し方
    ex, My favorite sports is XXXX.

    ・Pardon?(△)
    →相手に最初から言わせる負担を強いる

    ・Sorry, what sports? ? / Your favorite sports is what??
    →聞こえなかった部分をwhatやwhoで聞き返す。

    (2)相手が自分の言っていることを理解できないとき。
    具体例を列挙する。
    ex, Blue? Red? Pink? →色のことを言っているんだなと相手に分からせる。

    (3)相手からの質問に対して、なんと答えようか迷っている時。
    →逆に相手の意見を聞く。What do you think about it?

  • 看板に偽りを感じたが、腐っても鯛。期待を下回っただけで、一般的には良書と思います。
    このシリーズは「世界一わかりやすい発音」が個人的には秀逸と思います。

  • 関先生の世界一シリーズ
    英文法と内容が重複している点もあるが、
    英文法よりももっと会話する際の常識の違いや、注意しなければならない点などが書いてある。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

慶應義塾大学文学部卒業。TOEIC®L&Rテスト990点満点取得。オンライン予備校『スタディ サプリ』講師を務め、全国の小学生から大学受験生まで60万人以上に講義を行っている。大学生・社会人向けのTOEIC対策の講義も行う。著書は累計150万部を突破。NHKラジオ講座『基礎英語3』でコラム連載中。

「2019年 『CNNでわかる! 2020出題必須の英語ニュース』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界一わかりやすい英会話の授業のその他の作品

関正生の作品

世界一わかりやすい英会話の授業を本棚に登録しているひと

ツイートする