いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法

著者 :
  • 中経出版
3.28
  • (19)
  • (69)
  • (87)
  • (28)
  • (10)
本棚登録 : 813
レビュー : 92
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806136033

作品紹介・あらすじ

行動しなければ何も変わらない。勉強・片づけ・仕事・運動・ダイエット・早起き、やらなきゃと思っているのに動けないあなたへ-今日から「すぐやる人」になろう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 方法が50も列挙されると何が書いてあったんだっけ?と認識できないんだよね。中身は為になることがいくつか書いてあるんだけどね。

    興味深かった方法は
    ・「パッキング」に気をつける
    ・分解する
    ・「誘導タスク」を設定する
    ・「現状維持バイアス」を外す
    ・ひとつに絞る
    といった事柄。

    やるといってやらない、やろうとしていて取りかかっていない事柄に追われているので、この本は尻たたきになりそう。

  • リストを書いて満足しない。
    モノを溜め込まない!パックラットに注意。ゴミに囲まれた生活をしない。
    デッドライン症候群にならないようにする。締め切りがないと動けないのでは×。タイマーを使うのもよい。

    すぐやるためのサイクル
    選ぶ、決める、準備する、実行する

  • チェック項目6箇所。2つのことにいっっぺんに取り組むのは、ハードルが高すぎます、「快楽を捨てること」と「苦痛を選択する」という2つのことを一度にやろうとしてもダメです、まず「快楽を捨てる」ことだけに、全神経を集中させましょう。人は基本的になまけものです、不快なこと、大変なことはなるべく避けたい生き物です。小さく分解していく、これに尽きます、すぐに実行できるところまで分解することが大切です。「モノあまり」のお時代に、何でも取っておくと、それをあとから役立てられる機会はなかなか得られず、ゴミやノイズに囲まれた暮らしが始まってしまいます。なるべく多くの夢を実現させようという本もありますが、実際問題、できないのです、だから、やらないことを決めるのも手です。「すぐやる」を小さなことでもいいので実践をしていると、今度は他人が「あの人はすぐやる人だ」と思うようになります。

  • やることを細かくする。
    やりたいことを絞る。
    朝市でやる。
    やる環境を整える。

    ほとんどそれはわかってるんですけど・・・と言いたくなることが多い。
    ただ50項に絞っているので読みやすくはある。

  • ・最悪の失敗を明らかにして、それに耐えられると考えられれば葛藤を越えられる。
    ・やりたくない理由で最大のものを書き出してみるのも有効。

  • ああ、そうだよな・・・ということが一つずつ書いてあった。

    とても読みやすく、すぐやる人になれそうな気がした。

    50にわかれているからこそ、すっと入ってきた。

    個人的には、以下の3つに気を付けようと思った。

    ・パッキングに気をつける
    ・夢を紙に書いて満足しない
    ・机の上をゼロにする

  • なぜすぐ行動に移せないのかを論理的に書いてあります。
    また、すぐ行動するためにはどうしたらいいかを細かく書いてあり、読んでいて納得ができる本だと思います。

  • ああ…まさに「デッドライン症候群」だわ…
    完全に抜け出そうと思うと難しいから、デッドラインをもっと小分けにしないとね

  • ・一気にやる快感に気を付ける
    ・やりたくない理由で最大のものを書き出す

    いつも面倒で自分のキャパ一杯までためてしまうので…

  • 当たり前の事だがなかなか出来ないことをやる為にはどうすれば良いかが書かれている本。
    参考になった事
    テレアポが難なく出来る人と出来ない人の違いは、結果を意識している人は出来ない人で、結果よりも数を意識している人はテレアポが出来る人。
    1件アポ取るのに100件テルなら、99件断られるんだからそれだけテルしようと思えば、断られても楽しく出来る

    もちろん他にもあるが、一例のみ掲載!

全92件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。
1973年北海道旭川市生まれ。97年獨協大学卒業後、ドコモサービスで働く。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。
同大学卒業後、04年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。
帰国後は「効率化」と「心理学」を掛け合わせた「ライフハック心理学」を探求。執筆や講演を行う。
著書に、ベストセラーとなったハックシリーズ『スピードハックス』『チームハックス』(日本実業出版社)のほかに『先送りせずにすぐやる人に変わる方法』(中経出版)『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』(ソーテック社)など。また、共著に『iPhone情報整理術』(技術評論社)がある。
「シゴタノ!-仕事を楽しくする研究日誌」にて連載中。

「2018年 『やめられなくなる、小さな習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木正悟の作品

いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法を本棚に登録しているひと

ツイートする