経営計画は1冊の手帳にまとめなさい

著者 :
  • 中経出版
3.60
  • (11)
  • (25)
  • (18)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 269
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806136712

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • パクってカスタマイズ。とにかく決断を早く。

  • 事業計画書の作り方や考え方が具体的に書かれていて、非常に実践的な内容。

  • ・正しさは、お客様が決めるもの。
     早く決定し、お客様の反応を見て修正する。

    ・「できない」ことは「やらなくてもいい」こと。

    ・今年やったことを、来年の同じ日にやる。

    ・4週1サイクル×13=52週(364日+Joker)

  • 社長の決定【経営計画書編】
    http://www.chukei.co.jp/business/detail.php?id=9784046026910

  • 経営ってどんなことをするのだろう?経営者っていったい何を考えているのだろう?ということが気になって読んでみました。
    あたりさわりのない一般論ではなく、著者の経営者としての経験を踏まえた、とてもユニークで面白い内容の指南書でした。オーナ社長ならではなんじゃないの?と思えるような言動もありましたが、それにもまして参考になることが多々ありました。

    べそかきアルルカンの詩的日常  http://blog.goo.ne.jp/b-arlequin/
    べそかきアルルカンの“銀幕の向こうがわ” http://booklog.jp/users/besokaki-arlequin2

  • 1冊にまとめる前に相当時間かかるけど。。。マトメたものをコンパクトに持ち歩くってのは、常に進捗を確認するにはいいのかも。

  • 具体的に手を動かして見ないとなんとも。

  • 経営計画を作るのに構えすぎてる自分に気付いた。まず作ること、そして活用すること。最初は真似っこでもいい。勇気付けられる。

  • 著書の小山氏は1989年より株式会社武蔵野の代表取締役社長であります。

    本書の第1章もタイトルが「他社からパクることを決定する」とあります。
    いきなりパクるとは、大胆です。
    小山氏曰く、「真似こそ最高の創造であり、真似こそ最高の戦略です」とのこと。
    個性が尊重される時代にあって、かなり斬新な、そして時代に逆行している感があります。

    でも中小企業にとって今の時代のスピードに合わせた経営をしていくには、時間も技術力も資金力も大企業と渡り合えないのは明らかです。
    何か1つのことに多大な時間やお金をかけて研究開発するだけの余裕はないのです。
    だからこそ真似することで、その時間とコストを補うことができるのです。

    そこで本書のカギでもある経営計画、これも真似してつくろうということです。
    (株)武蔵野で開催されているセミナーに参加される社長さんに対し、「わが社の経営計画を見て、自社で使えるところがあれば、そのままコピーしてください」と話すそうです。

    まず真似から入る。「いちばんやさしいところ」と「自分にもできそうなところ」を真似てみるのが正しい。
    そして辻褄が合わなくなったら、その時点で変更すればいい。
    真似も3年続ければ、自社のオリジナルになる。
    「経営計画」に、自分らしさを求めない。「経営計画書」は他社を真似して、「とりあえずつくること」が正しいのです。

    このように、かなりユニークな感じの内容ですが書いてあることは、ものすごく的を得ていると思います。
    一度、(株)武蔵野の主催しているセミナーにでてみたくなりました。

  • ・経営計画書は、見切り発車で作成し、お客様の反応見てただちに修正していく
    ・経営計画書には、社長の姿勢を示すこと
    ・まず経常利益目標を決定する。その数字に根拠いらない。あとは逆算ですべて考える
    ・ライバルのシェアを奪うのが正しい戦略。小さな市場で大きなシェアを築く。ターゲットを決めて絞り込む
    ・社長の仕事は、方針を決定すること
    ・方針は真似ることから始める。方針の数は少なくても良い。出来事だけは真似る
    ・社員の自発的に勉強することはありえない。教育と強制すること。
    ・社員対象の政策勉強会を実施する。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学卒。1976年日本サービスマーチャンダイザー(現・武蔵野)に入社。一時期、独立して自身の会社を経営していたが、1987年に株式会社武蔵野に復帰。1989年より社長に就任。赤字続きだった武蔵野を18年連続増収の優良企業に育てる。2001年から中小企業の経営者を対象とした経営コンサルティング「経営サポート事業」を展開。730社以上の会員企業を指導している他、全国の経営者向けに年間約240回の講演・セミナーを開いている。主な講演テーマは「経営の見える化」「経営計画書」「環境整備」「人材戦略」など。1999年度「電子メッセージング協議会会長賞」、2001年度「経済産業大臣賞」、2004年度、経済産業省が推進する「IT経営百選最優秀賞」をそれぞれ受賞。2000年、2010年には日本で初めて「日本経営品質賞」を2度受賞している。主な著書に『会社を絶対に潰さない社長の「金言」100』(プレジデント社)、『新版 経営計画は1冊の手帳にまとめなさい』(KADOKAWA)、『儲かりたいならまずココから変えなさい!』(朝日新聞出版)などがある

「2020年 『できるリーダーは失敗が9割 自分史上最高の営業利益を手に入れる「仕事」の極意』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小山昇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 和成
ハロルド・ジェニ...
有効な右矢印 無効な右矢印

経営計画は1冊の手帳にまとめなさいを本棚に登録しているひと

ツイートする
×