世界一わかりやすい 英単語の授業

著者 :
  • 中経出版
3.72
  • (9)
  • (23)
  • (14)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 183
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806137412

作品紹介・あらすじ

暗記なしで英単語を覚えられる。どんな場面でも役立つ英単語を厳選。厳選400語を4時間でマスター。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブログにてレビューを掲載しています。

    http://eigogie20120403.blog.fc2.com/blog-entry-41.html

  •  overlook「見落とす」をoverとlookに分けて意味を考えながら覚える方法や、ab「離れた」からabnormal, abuseを覚える語源で攻める覚え方、「アトラクション」からattraction, 「ストーカー」からstalk、「モイスト成分」からmoistを覚えるというカタカナ語から攻める方法などで、400の英単語を覚えようというもの。読む英単語の本。
     確かに、こういう本はあまりない気がする。ただおれが車にも化粧品にもスポーツにも興味がなくて、あんまり面白いと思えず、すみませんって感じだった。あと恥ずかしいことに「ツベルクリン」がtuberculosisで「結核」というのは知らなかった。「日光浴する」は英語でcatch some raysというらしい。あとは「アデランス」ってadhearanceから来てるのか、というのは驚いた。(13/09/23)

  • タイトルの通り、本当に分かりやすい英単語の学習本。
    読者に分かりやすく伝える工夫が徹底されており、
    様々な切り口から、英単語の学習が出来る対象年齢も幅広い本。

    一般的に言われる和製英語やカタカナ英語の弊害。
    ただ、本書のようにそれを逆手に取って、覚えやすくするのはアリ。
    これからは、当たり前のように使っているカタカナの語源も積極的に調べたい。

  • 同じ著者の「英語の勉強法」のおすすめとして上がっていたため、手に取った。
    単語数は400あるそうだが、私は4日で6回繰り返すことができた。
    確かに、ほかの単語帳より、同じ語数を覚えるのにかかる時間は少なかったと思う。

  • 英単語の意味を根本から紐解いていく新しいタイプの単語集です。
    発想はとても面白いのですが、価格と内容があまり釣り合っていません。初学者向けです。単語も簡単です。
    同じようなコンセプトでは東大鉄壁があるのであるのですが
    個人的には価格的にも内容的にもコストパフォーマンスはあちらの方が上だと感じました。

  • もっと若いときにこの本に出合いたかった!

  • 英語を語源とする身近な言葉を
    ふりかえることができます。

    言われてみて「なるほど」と思うことは多いものです。

  • 目から鱗!覚えやすいし、覚え方のエッセンスがすばらしい。

  • 英単語が覚えられない理由とは?
    (1)リアリティの欠如
    (2)回数の不足

    (1)リアリティを持たす
    ex, retrieve=回収する cf. retriever=ゴールデンレトリバー
    ゴールデンレトリバーは猟犬、獲物を飼い主のもとへ回収する。

    ex, esthetic(esθéṭɪk)=<形>美的な
    "th"はギリシャ語では「タ」行。日本のエステもここから。

    (2)回数をこなすー単語をマスターするまでのプロセス

    <1>見てもさっぱり
    <2>スペルに見覚えがある 「覚えていないゾーン」
    <3>数秒かけて思い出す  「覚えたゾーン」
    <4>0.1秒で思い出せる   「定着ゾーン」

    ★実践例
    【1ヶ月で1000単語覚える】
    コツ:うろ覚えでも(1時間に100単語見る)、とにかく反復(月に6セット)

       1セット 2セット 3セット 4セット 5セット 6セット
    7/1  1~200→
    7/2  201~400→
    7/3  401~600→
    7/4  601~800→
    7/5  801~1000→

    これでやると最初はつらいが、5セット目に入った辺りから定着率が伸びる

    やるときの心構え
    <1>いまこの瞬間「覚えた!」と思ったら次の単語へ
    <2>知っている単語はとばす
    <3>簡単な単語は数秒目を通す
    <4>難しい単語はじっくりと
    <5>紙に書く書かないは気にしない
    <6>とにかくその単語の意味を覚える。派生語や類語は後でよい。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【語源の力】
    ex, pedestrian=歩行者
    "ped"=feet ex, pedal/ pedicure

    ex, impede=邪魔をする
    "im"=in, "pede"=足→足を突っ込む

    ex, expedition=探検
    "ex"=外, "ped"=足→外へ足を向かわせる

    ex, centipede=ムカデ
    "centi"=100, "pede"=足→百足

    【多義語】ー根底は1つのイメージ
    ex, company / "com"=共に, "pany"=パン →【共にパンを食べるような状態】
    (1)仲間 (2)会社 (3)付き合い,同席 ex, I enjoyed your company.(君と共に過ごせて楽しかった。)

    ex, control →基本イメージ【下から押し上げてくるものを上から押し返す】
    (1)支配する (2)感情を抑える (3)蔓延するのを防ぐ

    ex, observe →基本イメージ【じーっと見る】
    (1)観察する (2)気付く (3)述べる (4)守る

    ex, serve →基本イメージ【主に形のないものを提供する】
    (1)勤務する (2)仕える (3)役立つ (4)食事を出す

  • 一つの単語をバラバラにして語源を教えてくれるから覚えやすい。
    なんなら800単語でも1200単語でも良かったのに。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年東京生まれ。埼玉県立浦和高校、慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。TOEICテスト990点満点。リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」講師。スタディサプリでの有料受講者数は年間20万人以上。今までの予備校では、250人教室満席、朝6時からの整理券配布、立ち見講座、1日6講座200名全講座で満席など、数々の記録を残した英語教育業界の革命児。著書は『世界一わかりやすい英文法の授業』(KADOKAWA)など累計100万部突破。英語を学習する全世代に強力な影響を与えている。

「2019年 『カラー改訂版 世界一わかりやすい英会話の授業』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界一わかりやすい 英単語の授業のその他の作品

関正生の作品

世界一わかりやすい 英単語の授業を本棚に登録しているひと

ツイートする