叱り方がうまい親の習慣 (中経の文庫)

著者 :
  • 中経出版
3.75
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806138259

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容はとても良い。共感できることを書かれている。
    しかし、共感できるからこそ、そこまで目新しい内容はなかった。
    問題は、本書で紹介されている内容の通りに、毎回行動が起こせるかだ。
    親と子のやりとりは、どうしても臨機応変さがものをいう。
    結局、親の習慣とは、自分自身が育てられた通りに子供に行う。それが親と子の性質だと思う。

  • 確かにそうかもなぁ?
    というところが多々です。
    叱りたいタイミングや叱り方というのは多少の変化で確かにずいぶん子供も感じるところが違うようにも思いますね。
    気を付けないと・・・

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

心理学者。東京大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業、同大学院修了。東京未来大学学長を経て東京未来大学名誉学長。千葉大学名誉教授。東京都「心の東京革命」推進協議会会長。大ベストセラー「頭の体操」シリーズの著者。フジテレビ「IQエンジン」や日本テレビ「マジカル頭脳パワー」、ニンテンドーDSソフト「レイトン教授と不思議な町」等で出題監修にも携わった。2006年、瑞宝中綬章受勲

「2020年 『お金の心理術 上手にお金とつきあう81のテクニック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

多湖輝の作品

叱り方がうまい親の習慣 (中経の文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×