9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方

著者 :
  • 中経出版
3.26
  • (140)
  • (394)
  • (633)
  • (206)
  • (52)
本棚登録 : 4197
レビュー : 666
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806138891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホスピタリティマインドを支える評価(報酬)制度はどうなってるんだろうか?
    それがなかったら、コンタクトレンズは二度と探せないと思うな。

  • マネジメントの本ですね。実際に働いてみたいと思いました。

  • ディズニーのサービスがあれほど徹底しているのは
    行動指針が周知徹底されており、心底全員が信じているからこそ、
    「夢の国」なんだなと実感できました。

    今リーダーの方、これからリーダーになる方は必読です。
    とても基本的な事が書かれています。
    この「基本的」なことを実行するのに、どれだけ労力をかけているか。
    アルバイトを雇う会社は即実行すべき内容です。

    教える人がいかに自社のスタイルを熟知しているかが
    成功の秘訣だと感じました。

  • ディズニーの具体的な教育研修プログラムについて書かれていなかったのは残念ですが、人材育成の基本的なスタンスを知ることはできます。

    ひとつひとつのポイントは、どれも当たり前ですが、それを徹底できているのが凄いところなのでしょう。

    おそらく徹底できる理由は2つ。
    1つは、先に挙げた教育研修プログラムの存在。
    もう1つは、ディズニーの価値観が、とても明確に定義され、共有されているから。

    ディズニー・ミッション すべてのゲストにハピネスを提供する。
    ディスニーの行動指針 安全性、礼儀正しさ、ショー、効率。
    など。

    教育研修プログラムとミッションのいずれが欠けても、最高のスタッフは育たないのでしょうね。

  • #book 旦那が読んだけど読む~?とリビングに置いてったので読んでみた。

    読んでみての感想は「なんだか若い」
    著者はディズニーで新人のトレーニング担当等された方で、「バイトなのに最高のスタッフに育つ(→正社員ならなおさらできるはず)」「ディズニーだけで通じるノウハウではなく一般の会社でも通じるもの」と書かれてたけど、いや、これはバイト(=一般的にいって若い)メインで、人の流動性が半端ない(年間9000人くらい入れ替わる)からこそ肝になるメソッドなんじゃないの?と思った。

    外資だとまた状況は違うけれど、日本の会社というのは一般的にその社生え抜きのおっさんが実権を握っている事が多い。
    最近は以前よりも流動があるし、かくいう私も転職経験者だけれど、入社した会社でずっと過ごして年次があがるとともに職位があがるってのがまだまだ日本の典型的姿なんじゃないかな。
    そういうところは何かと水が澱みやすいのであーる。
    まぁおっさんだって、ビジョン持って体現したりそれを周りに信念持って伝えられる人っているけどね。そんな人は年がおっさんでも心が若いんだよね。

    そんな社会に比較的長く身をおいてる身としてはおー、なんだか若いな青春してるな、という感想でした。
    でもオリエンタルランドの社員の平均年齢って結構高めっていつだったか知った事があって、ちょっとびっくりしたんだけど。

  • 自分もディズニーランドの様な職場や接客、サービスを目指す。

    アルバイトがアルバイトへ企業理念や行動指針に基づいた教育でメンタルやスキルを浸透させている。
    ディズニーの行動指針
    1、安全性
    2、礼儀ただしさ
    3、ショー
    4、効率

    アルバイトへミッションや行動指針が浸透しているのは、繰り返しその重要性について確認し合う風土があるから。

    面談のときには、相手が何に関心があるかを事前にチェックシートへ点数を記入してもらう。
    それに対し、評価、同情しない。結論を急がない。

    トレーナーやキャストだけでできることは考えさせ、自主的に行動させること。

  • ディズニーの行動指針に沿った、取り組みが功を奏していることがよくわかる。普通の会社はここまで、徹底は出来なくても、やはり本に書かれたようなアクションをすることで、良い仕事が出来るようになると思う。

  • ディズニー関連本としては、並。

  • 後輩のがんばりを褒める
    ミッションを正しく理解し後輩に伝える
    笑顔の場をつくる
    後輩を認める

    子育てといっしょかな。こりゃ。「認めること」

  • 2019.4.28
    昨今のニュースがあたまにチラつく、やり甲斐搾取的なのは、まぁどんな仕事でも大なり小なりあるとは思うが、、、。
    この本もまたパークの夢を壊してる気がするなー。
    ま、夢の国は地上には存在しないって事かしら。

全666件中 21 - 30件を表示

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方のその他の作品

福島文二郎の作品

ツイートする