9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方

著者 :
  • 中経出版
3.26
  • (140)
  • (394)
  • (633)
  • (206)
  • (52)
本棚登録 : 4197
レビュー : 666
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806138891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホスピタリティ・マインド(自主的・主体的に相手を思いやること)よりスキルを教え込む会社が多いが必要なのことは、ホスピタリティ・マインド教えること。納得!

  • ディズニーランド1期生で教育に携わってきた著者による。ディズニーのバイトのサービスクオリティを維持する仕組みは確かにスゴイ。が、この本は正論な所だけを書いてる気がしてならない。

  • ディズニーランドのキャストはほとんどがバイトで人の入れ替わりが激しい。そんな環境の中で、全てのゲストにハピネスを提供する、というミッションを徹底させるにはどのようにしたらいいか?ということが書かれています。 ・人は、自分が扱われたように人を扱う ・さまざまな機会をとらえて、繰り返し伝えていく ・ホスピタリティマインドを持つ などなどディズニーだけでなく、一般的な業務にも使えそうなことがあげられていました。 これを徹底できるディズニーの研修プログラムが気になるのですが、ここの詳細は書かれてなく。 このポジティブループは見習いたい。

  • 「素質」は問わない――。バイトがバイトを指導して高いサービスの質を維持してきたディズニーの人材育成メソッドとは? 後輩・部下指導に悩むすべての人に贈る、チーム全員がリーダーになる法則が1冊でわかる!

  • ディズニーに学ぶ系の先鞭をつけた部下・後輩マネジメントのハウツー本。いまとなってはさまざまな類書が出ているのであまり目新しい内容はないが、著者本人が経験した事例を引き合いに出しながら、人を指導するために大切な姿勢とテクニックを非常に分かりやすく教えている。ミッションの共有やホスピタリティはディズニーと相性がいいんだろう。

  • ディズニーでも泥臭いことやってるんだなと感じた。また読む前にハードルを上げてしまったからかディズニーだからこその深い内容や奇抜なことはなく、だからこそ他の会社でも使えるものだと感じた。話が行ったり来たりの部分があるので、もっとコンパクトに読みやすくしてほしかった。

  • 当たり前だけど、実践できていないこと。
    それは知っていたとしても、現場で出来ていないんだからもったいない。
    問題をきちんと提起し、まとめ考察する。
    そして思いやりの指導を。

    いやしかし、カストーディアルに配属て泣く人や、父親のクレームは驚いた…

  • アットホームな雰囲気があり、それでいても上下関係がしっかりある職場が一番仕事している側も能力を発揮できると思う。緩すぎても厳しすぎてもダメなんだと感じた。上司にぜひ読んで欲しい一冊です。

  • ・社員一人ひとりがリーダーシップを持ってる
    ・人は経験で変わる、育つ
    ・⭐️理想の上司、先輩:1.リーダーシップを持っている、2.後輩をよく見ている、マメに声をかける
    ・後輩を育てるときに欠かせないポイント⭐️:1.教える内容や教え方が論理的である、2.心理的な工夫が施されている、3.上司、先輩が教えることに熱意をもっていること
    ・人は自分が扱われたように人を扱う
    ・上司、先輩がミッションを理解していることはもちろん、様々な機会を通じて繰り返しミッションわ伝える
    ・行動指針をもち、優先順位をはっきりさせる
    ・ホスピタリティ:自主的、主体的に相手を思いやる
    ・自分が模範となる
    ・後輩の行為そのものを評価する
    ・後輩の存在を認める
    ・ストローク:よく見る、声をかける(叱る、褒める)、笑顔で挨拶をする
    ・思いやる気持ちを育てるためのルールを作る
    ・価値観を共有する:自分の情報を自ら積極的に発信する+相手の情報を積極的に収集する
    ・後輩との面談:⭐️後輩が安心して話せる場所を選ぶ、後輩がどういう状態であるかつかむ(心身ともに疲労した状態か、充実した状態か→評価しない、同情しない、結論を急がない)
    ・仕事のレベルの高い職場の共通点:⭐️いつも笑顔で、互いにアイコンタクトをとって、挨拶を交わし合っている
    ・笑顔の多い職場は仕事に対するモチベーションも高い
    ・言ってることとやってることが違うのはダメ
    ・⭐️指示するときは必ず理由も伝える
    ・後輩に良い点を見出せばすぐに褒める
    ・スモールステップに挑む
    ・後輩は変わる、後輩は育つ

  • 先輩が後輩に対して育成するときの心構えの基本として役立つ内容であるとは感じた。ただ、ディズニーという大きな主題を置いている割には内容が一般的であり、ディズニーの凄さが伝わるものではなかった。もっと踏み込んだならではの話が欲しかった。

全666件中 41 - 50件を表示

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方のその他の作品

福島文二郎の作品

ツイートする