9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方

著者 :
  • 中経出版
3.26
  • (140)
  • (394)
  • (633)
  • (206)
  • (52)
本棚登録 : 4197
レビュー : 666
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806138891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  TDLで初めて「この対応どうなの?」「バイトだもん仕方ないよね」と思ってしまう出来事があり、歳なのかな~!
    夢の国の裏側を見てみたいという野次馬根性と、もしかして子供相手にも使えるかもという下心ありで読み始める。

    〈信頼関係を築く〉

    リーダーシップをもつ
     ・自主的、主体的に相手をおもいやること
     ・自分が模範となること

    いつも見てくれていると意識させる
     ・ミッションや行動指針にそって仕事をしているか
     ・困った様子がないか
     ・ロスやミスがないか
     →自分の存在が認められている

    何かを感じたらすぐに声をかける

    仕事の成果だけ注目しない
    ・行為そのものを評価する
    ・最善を尽くす姿勢を評価する

    わかりやすい本だったけど、目次で用が足りてしまうような。
    TDLはみんなが自主的にキャストを演じてショーを盛り上げているんだな。
    私も自分のショーを盛り上げるべく、キャストに徹しないとな~。
     それにしても、アルバイトをここまで使えるのはやはり「ディズニー」っていう夢をみんなで見ているからだな。
    ちょっと怖い。

  • 職場の上司の袖机から。

    知らなかったのは、カストーディアルが配属を知って泣く社員も出るほど不人気職だったということ。
    その意識を変えたのは、先輩が繰り返し、「カストーディアルとは清掃担当という意味では無く、管理する、保護するという意味がある。自由にパーク内を動き回るから困っているゲストを見つけて助けてあげられる機会が一番多いし、パークを清潔に管理する、ゲストを保護するという意味が込められているんだ。」と重要性を伝えたから。
    今ではその担当のアルバイトが落ち葉でミッキーマウスの顔を作ったり、ローラーブレードで清掃してショーアップを図るなど、自ら自分たちの仕事の幅を広げている。
    カストーディアルにしてもジャングルクルーズにしても、モチベーションの方向付けをきちんとしないと、例えTDLであっても顧客重視されないんだな、と思った。

  • なぜか旦那がディズニーホスピタリティの本を立て続けに図書館で予約していて、似たような本をちょっと前にも読んだなーと思いつつも、とりあえず読んでみた一冊。
    内容としては特に目新しいこともなく、まあそりゃそうだよね、という感じ。
    その理想論みたいなのを実践できているのがディズニーのすごいところなんだよ、ということなのかもしれないけど、実際にディズニーに行った時のスタッフの対応やディズニーでバイトしていた友だちの話を聞いていると、どれだけその理想は生きているのかな?と穿った見方をしてしまったり。

  • 人材育成のノウハウ、大切なことがたくさんつまっていた。自分もこんな上司、先輩の下、こんな育てられ方で仕事をしていけたらどんなに幸せだろう…
    でも実行するのは難しいかも。ノウハウはわかったけどそれが実際にできなくて困ってんだよー(T_T)

  • ホスピタリティマインドを支える評価(報酬)制度はどうなってるんだろうか?
    それがなかったら、コンタクトレンズは二度と探せないと思うな。

  • #book 旦那が読んだけど読む~?とリビングに置いてったので読んでみた。

    読んでみての感想は「なんだか若い」
    著者はディズニーで新人のトレーニング担当等された方で、「バイトなのに最高のスタッフに育つ(→正社員ならなおさらできるはず)」「ディズニーだけで通じるノウハウではなく一般の会社でも通じるもの」と書かれてたけど、いや、これはバイト(=一般的にいって若い)メインで、人の流動性が半端ない(年間9000人くらい入れ替わる)からこそ肝になるメソッドなんじゃないの?と思った。

    外資だとまた状況は違うけれど、日本の会社というのは一般的にその社生え抜きのおっさんが実権を握っている事が多い。
    最近は以前よりも流動があるし、かくいう私も転職経験者だけれど、入社した会社でずっと過ごして年次があがるとともに職位があがるってのがまだまだ日本の典型的姿なんじゃないかな。
    そういうところは何かと水が澱みやすいのであーる。
    まぁおっさんだって、ビジョン持って体現したりそれを周りに信念持って伝えられる人っているけどね。そんな人は年がおっさんでも心が若いんだよね。

    そんな社会に比較的長く身をおいてる身としてはおー、なんだか若いな青春してるな、という感想でした。
    でもオリエンタルランドの社員の平均年齢って結構高めっていつだったか知った事があって、ちょっとびっくりしたんだけど。

  • 9年前の本らしいが、書いてあることは東京ディズニーリゾートの教育法で、通勤中の20分で読み終えられるほど、内容が漠然としていた。(ポイントは分かるが) 自分が海外住みのせいか、なんか先輩後輩関係が組織を強くする、みたいな考えはあまり共感できなかった。

  • ディズニーでも泥臭いことやってるんだなと感じた。また読む前にハードルを上げてしまったからかディズニーだからこその深い内容や奇抜なことはなく、だからこそ他の会社でも使えるものだと感じた。話が行ったり来たりの部分があるので、もっとコンパクトに読みやすくしてほしかった。

  • 先輩が後輩に対して育成するときの心構えの基本として役立つ内容であるとは感じた。ただ、ディズニーという大きな主題を置いている割には内容が一般的であり、ディズニーの凄さが伝わるものではなかった。もっと踏み込んだならではの話が欲しかった。

  • よくあるディズニー育成系の本だが、内容が薄っぺらく、ディズニーとの関連性も薄い。読む価値は乏しい。

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方のその他の作品

福島文二郎の作品

ツイートする