なぜ、できる社長は損益計算書を信じないのか

著者 :
  • 中経出版
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806141501

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 部門別、支店別会計についてのお話

  • 著者は公認会計士・税理士。


    損益計算書のデータを
    「流通」「市場」「商品」の3つに切る。
    つまり、
    「部門別」「得意先別」「商品別」に細分化して、
    役立つ損益計算書をにしようというもの。


    とても勉強になった本です。

  • 損益計算書を分解することで会社の業績が浮き彫りになる。この本は会社の経理情報の生かしかたを紹介している。

    その切り口は部門、得意先、商品の3つ。

    企業が通常作成している損益計算書は会社全体に対するものであって経営に役立つようなものではない。

    経理データを細かく区切ることで初めて本当に役に立つようになる。

    この本はデータをいかすための経理入門といえるだろう

全3件中 1 - 3件を表示

なぜ、できる社長は損益計算書を信じないのかのその他の作品

山崎隆弘の作品

ツイートする