人生の9割は40代で決まる

著者 :
  • 中経出版
2.95
  • (3)
  • (16)
  • (39)
  • (16)
  • (5)
本棚登録 : 223
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806142119

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 受験生時代から「和田式勉強法」には(一方的に)お世話になっていた関係で、今でも時々著作を読んでいます。

    ということで、和田秀樹さんによる40代の生き方指南書です。

    肉体的にも精神的にも衰えを感じ始める40代だからこそ、ただ成り行きに任せて老け込んでいくのではなく、この10年が勝負だと意識しながら、様々な仕事や経験を楽しんでいくことが大切だと和田さんは言います。

    さらに本書では、
    ・40代ならではの学び
    ・仕事への向き合い方
    ・家族を含めた人間関係と仕事との両立
    ・お金と趣味
    ・心と体の健康
    に分けて持論を語っています。

    どれもこれも心にストンと落ちるものばかりなのですが、特に私が首肯してしまった部分を列挙しておきます。

    ・40代になったら、もういい加減「そうだったのか」で納得するのはやめましょう
    ・これからは年下の人間との関係を大切にする
    ・子どもとは朝ごはんを必ず一緒に食べる
    ・40代のうちにパートナーとの絆を深めておく
    ・40代は肉を積極的に食べよ
    ・アンチエイジングに脂肪は不可欠
    ・悩むのは、自分が解決できることだけにする

  • 内容は、割りとあたりまえのことの確認程度。
    特に、ためになるようなことはない。
    おそらく、語り下ろし。パッと作ったのをパッと読む、的な本。重厚感は皆無。

  • 40代の頑張り次第で、50代が決まる。
    また、中途半端に中間管理職になるくらいなら、自分の時間を確保できるポジションで止まっているという選択肢もある。

    など、色々な選択肢が書いてある。
    まあ、そうだなと思う。

    また40代は脳の働きが悪くなるなど医者ならではの科学的な話もあり。

    やはり、40代って過酷だなと改めて客観視させてくれるという点でよかった。
    が、和田さんのように精力的にはとてもできないというのが個人的感想。できるのは、今をなんとか生きるのみ。

  • 図書館

  • 忙しい中で、自分を振り返る時間を持つことはとても大事ですよね。まずは自分を大事に、そして家族を大事に、そして他の人にも優しくいられるようにしたいと思いました。

  • ばりばり働いていた主に男性向けの本、だと思う。
    正直、この年になってまで、そこまで頑張りたくない。

  • 自分も40代のため少しは参考になるかと思い読んでみました。結果的にはこれから先々の仕事や私生活における心の備えといった内容で、参考になったと言えばなったと言えますが、唸るほどの内容ではなかったかな?と思います。でも作者は医者でもある見地から年齢がいった際の食生活で肉食がわりと大事であるということや最後は信頼できる師を見つけたり心を許せる親友(人脈)関係を大切にすることの重要性を認識させられました。

  • 【生き方】人生の9割は40代で決まる/和田秀樹 /20140617(52/226)
    ◆きっかけ
    日経広告

    ◆感想
    ・30代までのときのように目の前のことだけやる、だけでは済まない年頃。長期スパンでまさに自分の人生を捉え、それを日常に落とし込める自律が必要なのかもしれない。
    ・子育て方針、夫婦のことなどうなづける部分多い。

    ◆引用
    ・40代になると、前頭葉が委縮することにより、思考の柔軟性が失われ、異論を受け付けなくなる。だからこそ、意識して積極的に異論を読む、聞くようにして、会話のセンスを鈍らせないようにする。
    ・良き師を見つけて、学びの効率を上げる。
    ・10年後の日本の悲観的なシナリオを描く。自分の将来ビジョンを持つ。
    ・質の高い勉強のために、お金を投資する。
    ・効果が感じられないのなら、勉強の基本を見直す。ポイント①きちんと知識を詰め込むkと、②詰め込んだら引き出すこと、③疑いを持つこと、④理系の発想を持つこと(実験精神、他者の主張を鵜呑みにせず、まずは自分で試してみる。+数字的裏付け)。
    ・このまま出世レースに加わり続けるか、見切りをつけるか、まずははっきりさせる。
    ・大人のための勉強法
    ・日常レベルの大切な人脈はメンテを怠らない。
    ・40代からは年下の人間からも好かれるようにする。
    ・会社以外で月1-2万でも稼げるようにする。
    ・深い人間関係を気付ける相手との出会いを意識する。(自分が成長できたり、個人的充足やメンタルヘルス的に価値ある人間関係)
    ・子供は養い続けるのではなく、就職のバックアップをする、という形で面倒をみる。庇護ではなく、自立の知恵を与える。
    ・子供の面倒は大学入学や就職までと割り切り、それ以降は子供の人生とは一線を引いて、自分たちの幸せを大事にする。
    ・夫婦仲:仲良くやっていこうと決めたのであれば、意識的にそのためのアクションを起こしていく。
    ・親の幸せを家族で後押しする。
    ・趣味におカネをかけ、知識と経験のストックをつくる。
    ・健康になる≠病気にならない。節制しすぎは注意。
    ・40代は肉を積極的に。魚やオリーブオイルで良質の油を摂取する。
    ・うつ防止:①適度に肉を食べる、②十分な睡眠、③日光浴びる。+パーフェクトでない自分を受け入れる(=あいまい思考、グレーを残す)⇔2分割思考(白か黒か)
    ・悩むのは自分が解決できることだけにする。悩むことより悩み方が問題。

  • 和田さんの本で以前読んだ内容と重複しているようだ。
    40代では無理をせずにかつ効率よく仕事に打ち込めるだけの環境を整えれば、まだまだパフォーマンスを上昇させることができることを示してくれた。

  • 平成25年12月26日読了。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学)。和田秀樹こころと体のクリニック院長。一橋大学経済学部非常勤講師。川崎幸病院精神科顧問。1998年、2003年に日本人で初めて、米国最大の精神分析学派である自己心理学の国際年鑑Progress in Self Psychologyに論文が掲載される。
劇映画初監督作品の『受験のシンデレラ』が、2007年モナコ国際映画祭で最優秀作品賞受賞。公式ブログ、『テレビで言えないホントの話』http://ameblo.jp/wadahideki/ は、ほぼ毎日更新されている。

「2020年 『こんなに怖いアフターコロナ心の病』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田秀樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン・トレ...
池井戸 潤
ウォルター・アイ...
落合博満
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

人生の9割は40代で決まるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×