100円のコーラを1000円で売る方法

著者 :
  • 中経出版
3.64
  • (201)
  • (499)
  • (392)
  • (88)
  • (24)
本棚登録 : 3087
レビュー : 536
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806142393

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は日本IBMの永井氏。
    マーケティング理論の基本に関して、小説風に書かれた一冊。マーケティングのとっつきにくい単語をストーリーの要所要所に散りばめて解説しています。

    顧客中心主義とは、「顧客の言うことを何でも引き受け、顧客の言いなりになる」ということではなく、「顧客の抱える課題に対して、自社ならではの価値を徹底的に考え、提供する」ということだという、筆者の考えは、自身が今後仕事をする上でも頭に入れておこうと思いました。

    マーケティングの入門書としては、非常に読みやすくおススメです。巻末に各章の参考文献も載っているので、より深く学びたい方はそちらを読まれてもよいと思います。

  • 古本屋に行くと必ずといってよいほど目にするビジネス書。
    タイトルに釣られて読んでみた。

    本書の物語は100円のコーラを1000円で売ることではなく,
    我の強い元営業部の女性・宮前久美が,商品企画部で新たに自社の会計ソフトを売り込むため,試行錯誤を繰り返しながらマーケティングについて学んでいくというものである。


    「お客さんの役に立つ会計ソフトを開発して提供すること」

    という久美の漠然としたコンセプトが,以下の

    ・キシリトールガムがヒットした理由
     (バリュープロポジションとブルーオーシャン戦略)

    ・スキンケア商品を売り込まないエステサロン
     (競争優位に立つためのポジショニング)

    ・新商品は必ず売れない?
     (イノベーター理論とキャズム理論)

    といった,大きく分けて10の具体的な事例とその背後にあるマーケティング理論を通して,どのように”マーケティング戦略”として進化していくかが描かれている。


    本書で読んだことをすぐに実践に活かせるという訳ではないが,本書から得られるマーケティングの視点は,普段はほとんど見えていない「あの商品はどうして人気があるのだろう」といったマーケティング戦略に対する興味・関心に繋がることは間違いない。

    〈巻末付録〉としてのマーケティング理論の参考文献一覧も役に立ち,これからマーケティングについて学ぼうという方にとっては良い入門書になると思う。

  • 会社で借りて読みましたが、ストーリーがあって、マーケティングについてもしっかり書いてあるので、すごく良かったです。ストーリーがテンポよく進むので、あっと言う間に読めます。
    ぜひ、勉強とは言わず、お客様がいる仕事をしている人は、読んでみては?と思います。

  • ストーリーに少々無理がありますが、2時間で読めるマーケティングの良書だと思います。顧客中心主義とは、「顧客が言うことは何でも引き受ける」ということではなく、「顧客の課題に対して、自社ならではの価値を徹底的に考え、提供する」ということのようです。リスク歓迎型(アーリーアダプター)のお客さんへの売り方とリスク重視型(アーリーマジョリティ)のお客さんの売り方が正反対だということは参考になりました。両者の間には、「キャズム」と呼ばれる普及するための大きく深い谷があるそうです。

  • ストーリー仕立てになっているマーケティングの本。
    色々な例や、過去の事例なども話の中に織り交ぜられており、マーケティング初心者の私でも分かりやすかった。
    安易に値段を下げない、他社のサービスとの差別化はもとより、顧客の言いなりになるだけではいけないというようなことが取り上げられている。

    実際に顧客満足度を上げようとすると顧客の言い分を全部叶えるやり方を思いつくが、その認識は間違いだったという気付きを貰った。(必ずしも間違いではなく、顧客が間違っている言い分には訂正と提案が必要だということ)

  • 営業から商品企画に移った主人公がマーケティングのイロハを学ぶ物語形式で、わかりやすい。
    特にカスタマーマイオピアからの脱却について学べた。

  • 大変分かりやすいマーケティングの本でした。
    『顧客が言うことは何でも引き受ける』という日本人の勤勉さが生み出した高度成長と同時に生み出した『過当競争』、“高品質なのに低収益”という皮肉な現状(^^;)
    本書を読んで、どう改善するか(ToT)

  • 中身は薄いけど読みやすい。

    会計ソフトを売るために、どんな視点を持てばいいかをストーリー仕立てで教える本です。

    まー、普通と言えば普通ですが、読みやすいからビジネス小説を読んだことがない人にはいいかも。

    とはいえ、これを読む人はビジネスマンが多いと思うので、もう少し中身が充実してたら良かったかな。

    文章の感じは悪くないと思いますので、暇つぶしにどうぞ。

    定価で買うほどではないと思いますよ。


    <響いたポイント>
    顧客満足とは、顧客の期待値を上回る価値を提供すること(価格が高くても、期待以上に満足すれば、勿体ないとは思わない)

  • 「マーケティング・経営戦略基礎」クラスの受講中に読書。クラスを学んでいればなんてことはないが、

    ・市場の定義
    ・戦略のスタンス(リーダー?チャレンジャー?など)
    ・同じ業界すべてが敵とは限らない
    ・ペルソナ/DMUをありありと設定する
    ・PLC

    キーワード:整合性をとった、マーケティング・経営戦略を立てよう

  • とてもわかりやすかったです。かたい用語の意味が、より具体的にイメージできました。

著者プロフィール

ウォンツアンドバリュー代表取締役

「2019年 『売ってはいけない(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

100円のコーラを1000円で売る方法のその他の作品

永井孝尚の作品

ツイートする