100円のコーラを1000円で売る方法

著者 :
  • 中経出版
3.64
  • (201)
  • (498)
  • (391)
  • (87)
  • (24)
本棚登録 : 3082
レビュー : 536
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806142393

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第2弾が面白かったので、遡る形で第1弾も手に取ってみました。
    といっても、エビカツでお世話になってる方からのレンタルです、感謝。

    で、今回題材となっているのはパッケージタイプの会計ソフトなのですが、
    物語終盤での、パッケージからSaaSへのサービス形態の変換も興味深く。

    - 『目の前のお客さんが言っていることは何でも引き受ける』という考え方だと、
      過当競争になって消耗戦に陥るだけです。

    - "ライフスタイルと自己表現、そして夢を売ること"と
      考えるのが市場志向、つまり顧客中心の考え方

    第2弾では、どちらかというと現場から一歩引いた視点のトピックが多かったのですが、
    こちらは、現場の営業&開発に近い視点からのモノが多いように感じました。

    - 言ったことしかしてくれない
    - 本来あるべき姿を提案してきたんです
    - カスタマー・マイオピアからの脱却が必要なんですよ

    最近シフトしつつあるとはいえ、システム開発の現場にいたことがある身としては、
    なかなかに耳に痛いフレーズがてんこ盛りでした。

    お客さんの要求を最適化するのがあるべき姿とは、まさしくその通りで、
    それは決して、無批判に全ての要求を受け入れる意味ではありません。

    - "顧客が望んでいて" "競合他社が提供できない" "自社が提供できる価値"

    「バリュープロポジション」、これを実現出来るようにならないと、今後厳しくなるんでしょうね。
    相変わらずに平易で読みやすく、それだけに内容がストレートに入ってきました、、ふむふむ。

    ちなみに、こちらでは題名となる"コーラ"も出てきます。
    原価を厳密にとらえると、"まったく同じ"にはならないと思いますけども。。

    なんにせよ、第3弾での展開が楽しみな感じになってきましたよっと。

    • naotomy0414さん
      読んでみたいけど、まだ読めていない本です!ますます読んでみたい!
      読んでみたいけど、まだ読めていない本です!ますます読んでみたい!
      2012/10/13
    • ohsuiさん
      読みやすくて面白かったですよっと!
      読みやすくて面白かったですよっと!
      2012/10/16
  • 当初想定していたよりもだいぶ良かった。
    エッセンスをわかりやすく学べるのでマーケティングの基礎としては十分かも。
    カスタマー・マイオピア覚えた。

  • マーケティング理論をわかりやすく物語で紹介している。様々な理論が出てくるので、理論を知るきっかけになった。

    ■製品志向と市場志向
    理念の違いが取るべき戦略の違いにつながってくる。
    化粧品を売ること(製品志向),綺麗になってもらう(市場志向)。

    ■戦略の一貫性
    ターゲットを明確に定義付けることで、ターゲットへの適切なアプローチ方法を取ることができる。アプローチ方法、普及方法が一貫性を持っていないと失敗に終わる。行政にありがちな失敗例だと思う。目的だけてなく、ターゲットの設定、アプローチ方法、戦略をしっかり決めることが重要。

  • チェック項目10箇所。ライフスタイルと自己表現、夢を売ることと考えるのが市場志向・・・顧客中心の考え方。商品を安く提供するだけで満足度が満点になるわけではない、言ったことしかしてくれない企業には満足度は高くならない。顧客の要望に応えるだけでは当然なので0点。バリュープロポジション・・顧客が望んでいて競合他社が提供できない”自社が提供できる”価値のこと。ほとんどの企業は時間とコストをかけて他者の真似をする。スキンケア・・・お客様の肌をもっと美しくすること。価格を下げるのではなく価値を上げる。新商品は売れない・・・最初に購入するのはイノベーター、アーリーアダプター、その次がアーリーマジョリティ。

  • 上司から借りた本。王道のビジネス書。

    「業界が成熟していることは、差別化できない理由にはならない。もしそう思うなら、それはアタマを使っていない証拠」みたいな一文に、まだまだアタマを使っていないと反省。

    キャズムやブルーオーシャンなど様々なマーケティング論が散りばめられてて、しかも誰にでも分かりやすく読める、贅沢な内容。キシリトールガムの話は有名だけど、読んでみるとあらためて発想の転換を迫られる。製品志向ではなく市場志向へのシフト。虫歯治療ではなく健康な歯の維持。虫歯にならないために歯医者に行くというビジネスモデルが、歯科業界の賛同を得て一気に普及。ここらあたり、特に営業現場に携わるなら必読。

    ちなみに本書の構成は、商品企画課に配属されたカスタマーマイオピア(顧客近視眼的考え)の女の子が成長していくストーリー仕立て。本書のタイトルは値引の怖さを言っている章のサブタイトルに過ぎない。

  • 会話ややり取りの中で、読者である自分も一緒に考えながら進んでいけるマーケティングの本だった。

    わかりやすい用語解説も含まれていて、ありがたい上司みたいな本(笑)

    ヒントの先には必ず答えも見つけられて、ココロ穏やかになる物語の運びがうれしい一冊。

  • マーケティングに関する本ですが、物語としてわかりやすく書かれており、普通の読み物としても面白かった。また肝心の内容は、普段エンジニアとして働いている自分にとって、新鮮な学びが得られるものだった。

  • これは面白かった。すばらしい。

  • 2016年10月24日読了。ビジネスとマーケティングとは?顧客と自社のサービスをどう定義するか?バリュープロポジショニングとは?などのある種かたいテーマを、物語仕立てでエッセンスを解き明かしていく本。著者と書名に記憶があり図書館で何となく手に取ってみたが、読みやすく大変面白い。読めばすぐ腑に落ちる内容なのに、実践できず失速していく企業の方が世の中に多いのは、やはり「現場目線」ではどうしても今自分が持っている技術・作っている製品から発想が離れることができないからなのだろう。現場を現場から引き剥がし、「これ」と信ずる方向に会社を持っていくことがすなわち経営・リーダーシップであり、それを実現するための手段としてロジカルシンキングや多くのビジネス用語が存在するのだな。コトラーの本は、とにかく読んでおくべきなのかも。

  • マーケティング入門に入門書よりも適した本。ストーリー形式になっており、素人に理解しやすい。

著者プロフィール

ウォンツアンドバリュー代表取締役

「2019年 『売ってはいけない(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

100円のコーラを1000円で売る方法のその他の作品

永井孝尚の作品

ツイートする