LinkedInをビジネスに使う本

著者 :
  • 中経出版
3.36
  • (3)
  • (8)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806142805

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前より興味のあったLinkedInの関連書籍。
    とても分かりやすく紹介されていると思う。
    まだアカウントを持っていない私にも、イメージがついた。

    私にとっては、今すぐに始めなくちゃ!というサービスではなさそう。というか余裕がなさそう。

    今の時点ではアカウントを持っていないが、またその時が来たら参照することになるだろう。

  • 「ビジネス課題の解決策発見ツール」としてのリンクトイン。
    インターフェイスからの印象と違って書籍での解説が分かりやすいのは、
    そもそもこのツールの目的が明確だからだろう。

    大前提として、日ごろのビジネスに真剣に取り組んでいることが重要、
    というメッセージは真摯で、リアリティがある。

    また、ニュースとQ&Aの有用性には納得させられた。[more]


    リンクトインにおけるネットワークは、課題解決索(または、それを提供できる人材)を紹介し合うことを基礎にして成り立っており、こうして獲得した信頼があなたを同業者から差別化する要因になっていくのです。 p33

    ここで念頭に置いているアマゾンの特徴とは、「自分がほしい商品の情報を調べたり、場合によってはその商品を購入したりできる場」だということです。/一方、リンクトインは、「ビジネス課題を解決するための方法について調べたり、場合によってはそこで仕事の依頼をしたりできる場」です。 p38

    いままでのビジネスでは、課題解決を求める人と課題解決策を持つ人とのマッチングに時間がかかっていました。リンクトインがあることで、そうしたマッチングをスピーディに進め、毎日のビジネスを大幅に効率化させることができます。/さまざまなビジネス課題を解決し、知識を習得することで、ビジネスパーソンとしての価値を高めていく―――こんな働き方が、この情報社会、知識社会においては、必ず重要になってきます。/私はこの「ワークスタイルの変化」こそがリンクトインの本質であると考えています。 p65

    【目次】
    1.最強のビジネスSNS 「リンクトイン」とは何か?
     ツイッター、フェイスブック、…そしてリンクトイン
     「転職SNS」から「課題解決策発見ツール」へ
     リンクトインはほかのSNSとどう違うのか?
    2.最強のビジネスSNS 「リンクトイン」が変えるもの
     リンクトインは「企業の情報公開」を変える!
     リンクトインは「人材ビジネス」を変える!
     リンクトインは「情報収集」を変える!
     リンクトインのあるビジネスライフ
     リンクトインは「会社」と「あなた」を変える!
    3.最強のビジネスSNS 「リンクトイン」を個人で使う〜入門編〜
     あなたはなぜリンクトインを使うのか?
     本当に信頼される「プロフィール」を構築する
     もっと信頼される「プロフィール」へとカスタマイズする
     本当に有効な「ネットワーク」を構築する
     リンクトインの「グループ」機能を最大限に活用する
     リンクトインを「拡張する」ために必要な4つのこと
     プライバシー設定で「情報の流れ」をコントロールしよう
     そのほかの設定で、リンクトインを細部まで磨き上げる
    4.最強のビジネスSNS 「リンクトイン」を個人で使う〜実践編〜
     リンクトインで情報を閲覧・発信してみよう!
     あなたのリンクトインネットワークをさらに強化する
     広告・求人・シグナルから「水面下の情報」をすくい上げる
     リンクトインの「検索」と「Q&A」から解決策を見出す
     リンクトインをはじめてから一カ月経ったら…
     もっと本格的に使いたい人の「プレミアムアカウント」
    5.最強のビジネスSNS 「リンクトイン」を企業で使う〜入門編〜
     あなたの会社はリンクトインでどんな課題を解決したいのか?
     「マーケティング戦略ツール」としてリンクトインを使う
     「リクルーティング戦略ツール」としてリンクトインを使う
     「ブランディング戦略ツール」としてリンクトインを使う
     「リンクトインと連携したサービス」を開発する
    6.最強のビジネスSNS 「リンクトイン」を企業で使う〜実践編〜
     企業利用の中核となる「会社ページ」をつくる
     リンクトイン広告で潜在顧客を狙い撃ちする
     企業公式ホームページなどの外部サイトと連携させる
     リンクトインを企業で利用して一カ月経ったら…
    7.最強のビジネスSNS 「リンクトイン」の成功事例
     世界のプロフェッショナルはどう使っているか?
     クライアントの新規開拓
     コンタクトのツテを使って転職
     リンクトインで就職活動をして銀行員に
     転職を検討していることを積極的にアピール
     業界内での意見交換にグループ機能を活用
     活動をPRして企業からの資金提供を獲得

  • LinkedInの紹介本である。元々はSNSの利用講習を実施する際に必要となる情報を集めるために購入したものである。著者のLinkedInの利用経験に基づいた紹介がなされている。
    時事ものなので、時間が経つと内容が劣化してしまう側面がある。

  • 121102読了。
    とりあえず登録してみた。

  • 単なる求人ツールでは無いと話が展開されます。プライベートがFacebook、ビジネスがLinkedinという使い方が流行っているらしい。

  • 単なる転職用のSNSと思われがちなLinkdInをビジネスに活用する方法が紹介されている。

  • Linkedinは、以前からアカウントを持っていますが、なかなか使い込めていません。そこで学ぼうと購入したのが、この本です。
    具体的で分かりやすく、考え方がよくわかる一冊です。Facebook, Linkedin活用を考える上で、オススメです。

    当社では、人の仕事に関する新しいサービス構築を行っているので、参考になりました。
    いろいろと活かしていきたいと思います。

  • リンクトインのビジネス活用法をまとめた本。
    著者は、リンクトインは転職SNSと思われがちだが、それにとどまらない、ビジネスの問題解決に使えると説く。
    個人ユース、企業ユースに分けて、最初にすべき事、一ヶ月後にする事など、順をおってわかりやすく解説している。
    また、著者はFacebookの友達に相当するコンタクトは、本当に共にビジネスをやろうと思える相手に限るべきだという。確かに仕事のコネクションなのだから、誰でも申請されたからとつないでいては意味がないだろうと思う。

    リンクトインが日本で価値あるビジネスツールになるかどうかは、今後どれだけユーザーが拡がるか次第だと思われる。数だけではなくて、質も重要。しょうもないネットビジネス云々の巣窟になっては、三文の値打ちもないわけで。
    今年中に色々変化が来そうな気がする。

    アカウントだけ取って放置状態だったが、プロフィールをキッチリ入れていこうと思った。

  • 「LinkedIn = 就職活動ツール」 ではなく、

    「LinkedIn = ビジネスを成功させるためのツール」 だということがわかった。

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ジェームズ アレ...
デールカーネギ...
ウォルター・アイ...
エリック・リース
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

LinkedInをビジネスに使う本を本棚に登録しているひと

ツイートする
×