100円のコーラを1000円で売る方法2

著者 :
  • 中経出版
3.86
  • (93)
  • (197)
  • (109)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 1167
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806144069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語形式で論点がはっきりしているのでとても読みやすく面白い。時代が変わる中で、競合他社との製品競争を勝ち抜くビジネス戦略として、ニッチ領域への強みを伸ばすことや戦略の集中することはとても参考になった。ただし、グローバルで勝ち抜くことを目指す場合のビジネス戦略としても適合できるかは疑問が残る。いずれにせよ、本書の考えを持った行動で変化が起きることは間違いないだろう。

  • 先日ご紹介した「100円のコーラを1000円で売る方法」の続編です。

    前作がマーケティングにフォーカスした内容だったのに対し、今回は事業戦略、特に競争戦略がテーマとなっています。

    どんな企業にも一定の成功体験が存在し、説得力を持ってしまうシーンもあるとは思いますが、やはりそれは高度経済成長期において「より良いものを(より安く)作る」というようにやるべきことが明確だった時代だからこそうまくいったのだと思います。

    変化の激しい時代、モノが広く行き渡り顧客のニーズが見えにくくなっている時代において、過去の成功体験はもはや当てにはなりません。

    本作では、そんな成功体験を持った社内勢力(もはや抵抗勢力と言ってもいいかもしれません)との緊迫感のあるやりとりを経て、多様性を持ったメンバーにより思い切った事業戦略の大転換が成し遂げられます。このあたりのダイナミズムを疑似体験できるところが非常にいいです。

    あと個人的には、日本企業が陥りがちなこととして、PDCAのP、あるいは社内調整に時間をかけ過ぎてしまうことにより、時代の変化から取り残されてしまうリスクには特に共感を覚えました。

    「変化の激しい時代に求められるのは、完璧なコンセンサスではなく、意思決定のスピードと柔軟性」だと、著者は登場人物の一人に語らせます。

    業種や提供する商品によっては、簡単・迅速にフィードバックを次世代に反映できないこともあると思います。とはいえ、仮説思考、論点思考で走りながら修正していくくらいの気概と覚悟がなければ、社内調整に奔走する間に競合に先を越されてしまう、そういう時代に我々が生きていることは間違いないようです。

    言うは易く、行うは難しです。さて、どこから手をつけましょうか。

  • 2014/11/23
    自宅

  • 特に目新しいことはなし。
    だが、再度「論点思考」とランチェスター戦略は学びなおさねばと思った。

  • 企画力とは、企画を実行すふ力、言い換えれば、組織を動かす力のこと
    「成功体験からの脱却」を実現するための3つのシフト
    ①網羅思考から、仮説思考・論点思考へ
    →事象と課題を区別する。解決すべき課題は、具体的アクションにつなげるもの。解決しようがないものは課題ではない
    →100個の論点を網羅的に扱うのではなく、最も重要な2,3個の論点に絞って対策を立てる
    ②すべてやる思考から、やらないことを敢えて決断する思考へ
    →戦略は、何をやらないかを決めるために立てる
    ③成功体験にこだわる同質集団から、成功体験にとらわれない多様な集団へ

  • 100円のコーラを1000円で売る方法というのは、前作で紹介されていた方法論であるが今作には出てこない。前回の登場人物がそのまま出てきて物語が繰り広げられるので小説のタイトルとしての「100円のコーラを1000円で売る方法」の2作目である。弱者の戦略として差別化戦略があるというのは他の本でも知っていたが、その弱者の戦略を受けた強者の次の一手が、その差別化を徹底的に真似る同質化戦略で、その後の弱者の一手が強者がそれを真似てしまうと、強者のためにならないことを見つけることであるということが学べた。

  • 一冊目ほどのインパクトはないが十分に面白い。人に勧められる本。3冊目があるのは知らなかった。読んでみたい。でも会計ソフト業界を多少なりとも知っていたから面白く感じたのだろうか?

  • 後追い企業とのバトルを通じてマーケティングの勉強。
    3が読みたくなるラストの引き。

  • タイトルに有るとおり『100円のコーラを~』の続編だが、コーラの話は出てこない(笑)。

    マーケティング理論やビジネス戦略に焦点を当てているが、難しい言葉は少なく、物語形式で『過去の成功体験から脱却』や『弱者の戦略』などについて学べる楽しい一冊。

    ロンロンは久美を中国の両親に紹介できるのか?
    3も出そうです(笑)

  • ビジネス本では無く、お手軽な読み物として面白い。続きも読みたい。

全123件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

マーケティング戦略コンサルタント

「2019年 『超実践マーケットイン企画術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

100円のコーラを1000円で売る方法2のその他の作品

永井孝尚の作品

ツイートする