100円のコーラを1000円で売る方法2

著者 :
  • 中経出版
3.86
  • (92)
  • (197)
  • (108)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 1161
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806144069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マーケティングの基礎を物語形式でわかりやすく書いているので理解し易い。だが、題名から期待するイノベーション的な要素は全く無い。1を読んで無いので分からないが沢山あるこの手の入門書の一つ。
    選択と集中。やらないものを決める。リソースの最大化。強者の戦い方、弱者の戦い方、
    同質化戦略

  • 1部に比べると内容が無い。
    専門分野に無理クリな感じがしたのが残念。

  • ・ざっくりとしたストーリーを作ったら間違ってもいいからどんどん仮説を立てて実行する。PDCAを短いスパンで回して仮説を検証し、修正をかけ、改善を積み重ねる。グローバル化で変化のスピードがものすごく早くなったから、問題が起こったときに対策を練るのに時間をかけてると手遅れになる。日本にゎこのパターンが多すぎるらしい。政治など。
    (コンセンサスを重視するあまり網羅思考に陥り、変化の早い現代では足かせになっている。)

    ・リーダー企業ゎ下位企業が図る差別化戦略に対して、模倣戦略をとって潰しにくる。マクドナルドが良い例。大きなハンバーガーで勝負しにきた下位企業をビッグマックで封じ込めたり。
    同じ土俵に立てばリーダー企業に勝ち目はないから、リーダー企業がどぅ頑張っても真似出来ないくらい徹底的に差別化をはかるしかない。
    全部詰め込もうとするから結局
    どの会社の商品も類似する。
    だから、他者と差別化をはかるために何を捨てるかを考え、やらないことを決める。そして、弱者は差別化を極めることで攻撃されてもびくともしない強者になる!

    今の日本経済に対してぶつけたいメッセージ。
    バブル経済崩壊で終わった日本の高度経済成長。現在日本経済が苦しみ続けてる一つの要因として、私たちが未だに過去の成功体験にとらわれてることにあるってゆってる。

    サムスンに代表される新興国企業みたいに、徹底的にスケールメリットを追求する戦略に対して、日本企業はまだ縮小し続けてる国内市場で同じ戦いを続けて消耗戦を繰り広げてたり…。
    薄型テレビ市場の競争がまさにそれらしい。

  • 一日あれば読み終わる本。
    1の続編であり、タイトルと中身は全く絡んでない。
    1でも100円のコーラを1000円で売る方法に特筆したものではなくちょろっと一節に出て来た程度。
    話は読みやすいが、読みやすいが故に浅いというか。満足はいくが、タイトルを想像して手にとると少し期待はずれな本かもしれない。

  • トレードオフ、差別化戦略、参入障壁

著者プロフィール

マーケティング戦略コンサルタント

「2019年 『超実践マーケットイン企画術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

100円のコーラを1000円で売る方法2のその他の作品

永井孝尚の作品

ツイートする