「30代後半」という病気

著者 :
  • 築地書館
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806712008

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人生30代後半になると、もう若くもなくかといって老いた実感もない。でも人生には出産や住宅や介護などいろんな「選択」が降りかかってくる。そんな多難な人生の一つの時代に焦点を当てた「娘よ、ゆっくり大きくなりなさい」の著者の本であり私のバイブル。

    • pontac600さん
      人生30代後半になると、もう若くもなくかといって老いた実感もない。でも人生には出産や住宅や介護などいろんな「選択」が降りかかってくる。そんな...
      人生30代後半になると、もう若くもなくかといって老いた実感もない。でも人生には出産や住宅や介護などいろんな「選択」が降りかかってくる。そんな多難な人生の一つの時代に焦点を当てた「娘よ、ゆっくり大きくなりなさい」の著者の本であり私のバイブル。
      2009/09/23
  •  まさしく、30代後半に読みました。 当時は、何とも、仕事も人生も行き詰まった感じがして(まぁ、「当時」だけでなく、今もそうかも知れないけれども)、妙に共感しつつ読んだ記憶がある。 思えば、著者も私も、現状に満足できない、常に焦燥感に駆られて日々生きてきた世代なのかもしれない(世代論はきらいだけれど)。 著者は、その後、大学講師を辞し、曲折を経て、編集プロダクションを設立することになる。 結構尖った本を出している。 「『40代後半』という諦念(老成?而立?老獪?)」という、続編を書いてほしいものである。 本作を読んで、?年経った自分、さて、どう変化したのであろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

編集者・劇作家・エッセイスト。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。1984年、劇団「月夜果実店」を結成。著書に『三〇代が読んだ「わだつみ」』(築地書館)、『娘よ、ゆっくり大きくなりなさい』(集英社)、『なぜ友は死に、俺は生きたのか』(新潮社)など。

「2017年 『演劇に何ができるのか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀切和雅の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×