登山の法律学

著者 :
  • 東京新聞出版局
3.50
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784808308759

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大事な内容だが今はまだ読むタイミングじゃなかった。

  • 遭難や事故、引率登山やリーダーの役割など様々なケースにおいて、法的な責任や倍賞責任がどうなるのかを解説した書。

    最近は、『連れて行ってもらう』という意識が高い中、多くの登山者に本書を読んで、自己判断、自己責任を考えて欲しいと思います。

  • とある経験がきっかけに購入。登山をする上で発生するリスクや責任の重みを知ることができればと。

  • 個人的に関心のあるテーマであり、非常に興味深く、また納得しながら読めた。

  • 山に人を連れてゆくことが多くなった最近…。これが訊きたかったと思いました。山の常識と法の常識、納得はいかなくても、知ることはやっぱり大切です。

全5件中 1 - 5件を表示

溝手康史の作品

ツイートする