井浦新の美術探検 東京国立博物館の巻

著者 :
  • 東京美術
3.95
  • (6)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784808709808

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どの章も腹六分くらいで終わっちゃうんだけど、だからこそトーハクにおかわりしに行こうと思える、、かな。あんまり興味のなかった埴輪やら土偶も、どうやら物凄く面白い世界がその後ろにありそうだとわかった。日本を愛するものとして日本の精神性にもっと触れたい、そのための場所がトーハクだなのかしらん

  • 井浦さんがただただ美しい。着物姿に鼻血。博物館も行ってみたいと思った。展示品の保存・修復の章が特に面白かった。

  • 年間パスポート料金が値上がりして以来、頻繁に通うことがなくなったトーハクですが、この本に書いてある修復の記事を読んでいると、ギリギリのところで営業してくださっているんだろうなと思えました。
    作品の紹介はつまみ食い程度なのですが、井浦新さん(大ファンです)の所感があちこちに詰まっていて、満足。
    あまり足を運ばなかった東洋館に猛烈に行きたくなりました。日本文化は文化渡来がルーツ。行かなくっちゃ!

  • 美術館たのしい
    日曜美術館ははらはらするけど。

  • 東京国立博物館をダイジェストに案内した本。
    間違いなくトーハクに行きたくなります。
    それにしても井浦さんかっこいい(笑)

  • 東京国立博物館ってほとんど行ったことがなかったんだけど、やっぱりすごいところなんだな、と。いくつかの分野には分かれていたけど、はじめの土偶や埴輪に力が入っていましたね。きっと新さんの趣味がバッチリ反映されているからでしょうね。
    ただ、土偶や埴輪なんて普段美術品としてみることはまぁないわけで、そういう出会いがあっただけでも読んだ価値ありかな。今度土偶なんかをみるときは見る目が変わりそう。
    トーハク、今度いってみようかな。そんな気分になる入門書でした。
    東京国立博物館の巻とあったので、他の巻も刊行されることを期待しつつ・・・

  • 「東京国立博物館の巻」だから、続刊ありそうですね、、、

    東京美術のPR
    http://www.tokyo-bijutsu.co.jp/?act=book&op=detail&bid=282
    NHK日曜美術館
    http://www.nhk.or.jp/nichibi/
    匠のこと
    http://takuminokoto.com/

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1974年 東京都生まれ 映画「ワンダフルライフ」に初主演。以降、映画を中心にドラマ、ナレーションなど幅広く活動。アパレルブランド「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」のディレクターを務めるほか、日本の伝統文化を繋げ拡げていく活動を行っている。

「2021年 『町と祭−山形・金山−井浦新 写真紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井浦新の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×