これが本当のマスコミだ―社員が教える企業ミシュラン

著者 :
  • 東邦出版
3.29
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784809404252

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テレビ、新聞、出版などの社員からのヒアリングから
    社内のカルチャーを書いている。

    とりあえずマスコミは
    ・全体的に古い体質
    ・コネ多い
    ・よく働く
    ・でも意外と低い離職率。

    と言うのが特徴らしい。(リクルートはまた少し別。)

    企業ミシュランほど同業他社の違いがあまり表現されてないところは△。

    どこの業界もそうだけどマスコミ業界は建設業だ。
    同じ仕事をやるなら一次受けの会社じゃなきゃダメだ。

    そう心から思った。同じ仕事で給料・待遇が確実に異なる。


    業界ごと違いメモ

    〇テレビ
    七割コネ、部署を移りたいなら企画書を書けと言われるとこもあったり、配属により年功序列度が変わる。
    例)
    バラエティ→企画通ればチャンス
    ドラマ、報道→ヒエラルキー

    〇新聞社
    著述業は身につくが他にも役立つプレゼンスキル、マネジメントなどは身につか
    ない閉鎖的カルチャー。
    例)
    日経は新卒しか取らない。とても閉鎖的。

    〇出版社
    優秀な女性が集まる。

    以下は、企業別
    ○リクルート:特に目新しくない。
    給料高い/あほなくらい働く/ステップ休暇(3年ごと1ヶ月休み)/38歳定年/サークルのような風土

    〇電通・博報堂:こっちもそんなに目新しくない
    ・無名大学の人がいたら、コネ入社の場合も。コネ平均三割
    ・クライアント企業の上層部の子息多い。露骨に担当職にはしない。
    ・実績とは無関係で、右肩上がりに給与↑
    ・コネ入社で本当に使えない管理職などもやはり存在。
    ・一般職採用が無いから細かな仕事もやる。
    ・離職率低い。5-6年で一割。その後やめない。

全4件中 1 - 4件を表示

渡邉正裕の作品

ツイートする