KAMINOGE vol.29

制作 : KAMINOGE編集部 
  • 東邦出版
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784809412257

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • vol.28に続いて vol.29を読了。こちらの目玉はアントニオ猪木と藤原善明の子弟対談と、前田日明のインタビュー後篇。
    猪木と前田に共通して言えるのは、語る言葉を持っている、ということ。KAMINOGEを読んでこれを再認識した。前田が読書家であることはよく知られているが、藤原がこの対談で指摘するように「猪木さんのカバンの中には、いつもかならず難しい本が入っていた」ということだから、猪木も負けてはいない。いろいろな経験をしながら、読書も含めていろいろなところに答を求めて常に考え、それを咀嚼する。この蓄積が半端ないから、猪木も前田もインタビュー記事が面白い。毎回、新しい金言や名言(そして時には迷言)が登場する。
    アントニオ猪木。前田日明。語る言葉を持つ者のカリスマ性。

全1件中 1 - 1件を表示

KAMINOGE vol.29を本棚に登録しているひと

ツイートする