英雄への挑戦状―世界最高のサッカー選手論

  • 東邦出版
3.70
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784809412288

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いやぁ、これは面白かった。できればワールドカップ開幕前に読み終えておくべきだったな。

  • 3作目。今回は監督じゃなくて選手を対象にしている。
    基本ベタ褒めで、いつものキレが無いように感じた。
    それでも、選手の細かいところまで見てて面白いとは思います。

    中でもイニエスタ、チアゴシウバは大好きなんだろうなー。
    ペップ大好き人間だから、イブラヒモビッチを評価してるのはちょっと意外だった。

  •  相変わらずスペクタル論者であるスアレス氏による、三冊目の挑戦状(というタイトルによる評伝)である。
     ディテールにまで目を配らせながら、ブレのない評価には感心しきり。昨今のメッシの不調についても触れており、正直に書くお人だと思わせる内容である。
     また、いままでの監督への評伝とは異なり、より「選手への」愛情のようなものがはっきり見える評伝が多い内容だった。
     まあ、「あの選手はこの選手とは比べ物にならない」くらいは平然と書いておいでだから、舌鋒の鋭さは健在なのだけど。

     名シリーズである。ただ、リーガを観ていないとわかりづらいところも多いかもしれない。何しろ一番手がクルトゥワ(現アトレティコ・マドリード所属)なのだし。

全3件中 1 - 3件を表示

ヘスス・スアレスの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×