運玉 見えないけど誰もが持つ人生を左右する幸運の源

著者 :
  • 東邦出版
3.76
  • (11)
  • (22)
  • (10)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 146
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784809413360

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  『慢心したことを悔いている』と言う秀吉さん。
    非常に信心深い人だったよう。 なので、当然、神仏のご加護もあったみたいです。

     そんな秀吉さんが、教えてくれた『運を逃さないようにする大事なこと』。
    『人とは腹を割って付き合うことが大切で、嘘はいかん』
    『与えられた場所で精いっぱい働くこと』
    『人の2倍、3倍、働いて当たり前』

     地道にコツコツが大切なんですね。

     また、秀吉さんが天下を取ったいきさつも大変興味深いものでした。
    『信長公は本当はもっと生きる運命であった。』
    信長が運命にない早死にをしてしまい、周りにいた個人の運命も少しずつかわったそうなのです。

    『人の人生は図らずも、そのようにしてかわることがあり、変化するものである、だからこそ日頃から信心しておくことが肝要なのだ』と秀吉さん。

     『第2章 運命について』の『なぜ天災はおこるのでしょう?』の解説など、他にも興味を引くものが多くあり、学べました。
    「コロナ禍の現代について」、わたしなりに考察する機会を得、嬉しく想います。

  • 写経に興味を持ったきっかけの本

  • 借りたもの。
    秀吉公が天下人になったその強運の秘訣を桜井さんが聞いてきた話。
    それは誰しも持っている運玉を、心の中の錦の袋に入れて、自分が心から嬉しかった時、感謝を込めて磨いて育てるという方法だった。
    昨今出版されているスピリチュアルな自己啓発本でも、「感謝をすること」を多く取り上げている。それは普遍であり、歴史の偉人からの裏付けも頂けたように感じた。
    歴史にifは無いけれど、信長公の寿命はもっと長く、本能寺の変は運命ではなかったという衝撃の話まで!
    『京都でひっそりスピリチュアル』( https://booklog.jp/item/1/4800251222 )の健勲神社での信長公に纏わる話も凄かったが、秀吉公は「別の神様になろうとしたがそれが叶わず、違う神として祀られ、神様修行もできず仏の道にも進めない状態」だという……

    運気アップと自分を鍛える?ための修行についても言及。
    写経や写仏などプチ修行に滝行や比叡山の修行研修という本格的なものが紹介。
    私もまずは写経や写仏から始めたい。

    桜井さんの神仏の加護と感謝に、いつもワクワクさせられ、心を癒される。

  • 神様仏様とコンタクトできる著書。タイトルの「運玉」というのは、著者が豊臣秀吉から教わった、運を上げる(育てると言った方がいいかも)方法のこと。
    ただし、その話は第1章だけで、他は運命や幸せについての見解、神様とのご縁の結び方からさまざまな修行体験レポートまで、いろいろ詰まっている。

    著者のことは、他の「神様とコンタクトできる方の本」を読んだ時に、レビューに
    「私は桜井識子さんの方が好き」
    と書いてあったので知り、一度読んでみたいと思っていた。

    こういうのは好みの問題だと思うが、私は「あ、そうなんだ、ふーん」で終わってしまった。
    秀吉さんとの話は面白いです。その方法を知りたい方は、第1章を読めば充分だと思います。

  • 運玉を育てていく。
    ラッキーなことがあると、ビーズ玉みたいな運玉をひと粒、平等に天からもらえるらしい。
    ついてる、と思ったときに「ありがとう」と言って撫でて大切に育てていくらしい。
    あとは運を逃がさないように、してはいけないことをしないようにするだけ。

    運を逃がさないようにする、大事なこと。
    人とは腹を割って付き合うこと
    与えられた場所で精一杯働くこと

    秀吉さん 豊国廟(ほうこくびょう)

  • こんなに凄い人がいることにびっくりしました。さっそくブログも読者登録して、違う本も読もうと思います。(*´ω`*)

  •  豊臣秀吉にきいた運を良くする方法。信じてはじめてみる?
    (カウンター担当/bee)平成29年1月の特集「鳥・縁起物の本」

  •  詳細なレビューはこちらです↓

    http://maemuki-blog.com/?p=10482

  • 豊臣秀吉と交信して秀吉の声を伝えた本。語り口調なので読みにくかった。

  • 2016/02/27

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神仏研究家、文筆家

「2022年 『あなたにいま必要な神様が見つかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜井識子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ロンダ・バーン
デールカーネギ...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×