地獄めぐり (鬼の大宴会)

著者 :
  • 汐文社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784811385495

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 続編「ついにさいごの地獄へむかうキクマロくんにミルメちゃん。下へ下へと落ちてゆくと、まっていたのは…。]

  • 5歳11ヵ月

    〈親〉
    絵が好き
    内容が好き ◯
    今回は早すぎた。いつかまたよんであげたい

    〈子〉
    初回からくいつく ◯
    何度も読む◯

    その他


    そろそろいいよね…地獄シリーズ。
    息子は大好きですが、読み聞かせる親は飽きてきております。
    そのせいか、読み聞かせにも熱がはいりません。

  • 2015.04 市立図書館

  • 2014年5月17日

    デザイン/稲垣結子(ヒロ工房)

  • 図書館借用。読み聞かせ使用。
    2巻とこの巻を一気に読んだ。
    一番恐ろしいのは阿鼻地獄。他人の子を殺した人間への罪が一番重い。
    月曜日の朝からみんなをビビらせすぎたので、大いに反省している。
    前の方に座っている子はビビリまくってた。
    次は明るい本を読もう。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

沼野正子 沼野 正子 (ぬまの まさこ)東京生まれ。東京芸術大学工芸科卒業。著書に「地獄めぐり」シリーズ(汐文社)、「ほんとにこわい今昔物語」シリーズ(草土文化)のほか、『やまんばとがら』(岩波書店)、『おばけのひっこし』『ようかいさんは どこ?/かがくのとも437号』『タンタンコロリン/こどものとも年少版403号』(以上福音館書店)などがある。東京都在住。

「2015年 『おにつばとうさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沼野正子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×