海外帰国生―日本の教育への提案

  • 太郎次郎社エディタス
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784811800936

作品紹介・あらすじ

九人の若者の海外での教育体験記は、日本の偏差値教育への鋭い問題提起であり、授業改革への豊かな提案である。21世紀を直前に、どのような若者が世界の学校で育っているのか。日本の偏差値と管理の教育を改めなければ、日本の教育は国際社会に通用しない。

著者プロフィール

本書は、宮下久夫・伊東信夫・篠崎五六・浅川満「漢字がたのしくなる本」シリーズ(小社刊)の一冊です。
「漢字がたのしくなる本」シリーズは、漢字の体系にのっとった画期的な学習システムです。入門期の基本漢字から、あわせ漢字、部首、音記号、形声文字までを、段階的にたのしく学べます。テキスト、ワークのほか『101漢字カルタ』『98部首カルタ』『あわせ漢字ビンゴゲーム』など累計80万部を超えるロングセラー。

「2018年 『漢字の音よみ名人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海外帰国生―日本の教育への提案を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×