米に生きた男―日中友好水稲王・藤原長作

著者 :
  • 筑波書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784811901121

作品紹介・あらすじ

岩手県沢内村の極貧農家に生まれた長作は、苦労の末に米作り日本一になる。しかし、減反政策により日本での米作りに失望した長作は中国に渡る。米作りに夢を求め続けた一人の日本農民の感動の物語。テレビドラマ「北の米」の原作。

著者プロフィール

及川 和男
1933年、東京に生まれる。戦争で疎開、岩手に住みつく。
日本ペンクラブ、日本児童文学者協会会員。
小説・児童文学・ノンフィクションなど50作ほどあり、主な作品に『村長ありき』『鐘を鳴らして旅立て』(新潮社)、『米に生きた男』(筑波書房・農民文化賞)、『生命村長物語』(童心社)、『わらび座修学旅行』(岩波書店)、『森は呼んでいる』、絵本『いのちは見えるよ』(岩崎書店・いずれも全国課題図書選定)、『なんでも相談ひきうけます』(岩崎書店・北の児童文学賞)、『ザシキボッコの風』(本の泉社)など。

「2014年 『浜人の森2011』 で使われていた紹介文から引用しています。」

及川和男の作品

米に生きた男―日中友好水稲王・藤原長作を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする