卸売市場の現在と未来を考える: 流通機能と公共性の観点から (筑波書房ブックレット―暮らしのなかの食と農)

制作 : 木立真直 
  • 筑波書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (76ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784811905488

作品紹介・あらすじ

農業市場論・流通論・社会学の研究者や実務家がそれぞれの独自の視点や立場から 卸売市場法改正の評価あるいは卸売市場の現在と未来について率直な自説を展開した。
「卸売市場制度の変遷と公共性」、「卸売市場新制度の性格分析」、「卸売市場法改正の評価と展望」などのテーマでこれからの卸売市場を論じた。

卸売市場の現在と未来を考える: 流通機能と公共性の観点から (筑波書房ブックレット―暮らしのなかの食と農)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×