流転のロゴス―ヘラクレイトスとギリシア医学

著者 :
  • 昭和堂
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812210031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 國學院大學文学部哲学科教授。

  • 野中郁次郎『経営は哲学なり』では、ヘラクレイトスが提唱した万物流転の考え方を敷衍説明。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

國學院大學文学部哲学科教授。研究テーマ: 西洋古代哲学史、ギリシア医学思想史
主な業績
『流転のロゴス――ヘラクレイトスとギリシア医学』(昭和堂、2010年)、「エンペドクレスとアナクサゴラス」(神崎繁、熊野純彦、鈴木泉編『西洋哲学史Ⅰ――「ある」の衝撃からはじまる』(講談社、2011年)。翻訳は、ガレノス『ヒッポクラテスとプラトンの学説1』(共訳、京都大学学術出版会、2005年)、「気息について」(『魂について/自然学小論集』、アリストテレス全集7、岩波書店、2014年)。

「2019年 『『英雄伝』の挑戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原志乃の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×