龍のすむ家

  • 竹書房
3.42
  • (56)
  • (83)
  • (190)
  • (27)
  • (7)
本棚登録 : 765
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812412541

作品紹介・あらすじ

下宿人募集-ただし、子どもとネコと龍が好きな方。そんな奇妙なはり紙を見て、デービットが行った先は、まさに"龍だらけ"だった。家じゅうに女主人リズの作った陶器の龍が置かれ、2階には"龍のほら穴"と名づけられた謎の部屋があった。リズはそこで龍を作っているというが、奇妙なことにその部屋には窯がない。いったいどうやって粘土を焼いているのか…。ひっこし祝いに、リズはデービットに「特別な龍」を作ってくれた。それは片手にノート持って、鉛筆をかじっているユニークな龍だった。「一生大事にすること、けして泣かせたりしないこと」そう約束させられたデービットは彼をガズークスと名づけた。やがて、ふしぎなことが起きはじめる。デービットが心の中にガズークスの姿を思い浮かべたとたん、ガズークスが持っていた鉛筆で文字を書きはじめたのだ!デービットはもうすぐ誕生日を迎えるリズのひとり娘ルーシーのために、ガズークスと一緒に物語を書くことにした。だが、物語に書いた出来事がどんどん現実になりはじめて…。はたして、ふたりの物語はどんな結末を迎えるのか?リズとルーシーは何者なのか?そしてこの家の龍たちは、もしかして…?ファンタジー王国イギリスからやってきたすてきなすてきな物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読後感がとても気持ちいい本でした。
    本を閉じた時、穏やかで優しい気持ちになれます。
    私もリズに自分の特別な龍をもらいたい!
    日常生活に溶け込んだファンタジーなので、情景が思い描きやすく、ファンタジー苦手な人でも読みやすいんじゃないかなと思いました。
    続きがあるそうなので、探して是非読んでみたいです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「日常生活に溶け込んだファンタジー」
      龍が出てくるけど、普通の世界に近い話なのでしょうか?(表紙のイラストもなかなか良い感じ)
      この本3月に...
      「日常生活に溶け込んだファンタジー」
      龍が出てくるけど、普通の世界に近い話なのでしょうか?(表紙のイラストもなかなか良い感じ)
      この本3月に文庫化されるので、読んでみようと思ってます。
      2013/01/31
    • mameponさん
      nyancomaruさん
      文庫化されるんですね!
      お話の舞台は、私たちの住む普通の世界です。
      そこに龍がどう登場するのかは、是非読んでからの...
      nyancomaruさん
      文庫化されるんですね!
      お話の舞台は、私たちの住む普通の世界です。
      そこに龍がどう登場するのかは、是非読んでからのお楽しみにして下さい♪
      2013/02/02
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「私たちの住む普通の世界です。」
      愉しみだなぁ~
      良いですね、私達に近い世界に、不思議が潜むって好きです。。。
      「私たちの住む普通の世界です。」
      愉しみだなぁ~
      良いですね、私達に近い世界に、不思議が潜むって好きです。。。
      2013/03/18
  • 思い描いていたのと違いました。龍が本当にすんでいるものだと思ったのに…

  • まあまあ満足。
    読みやすいし、色んな事が起きるので、飽きない

  • タイトルや表紙から思ったよりも、児童向けの話でびっくりした。龍よりもリスの話がずーっと続いて、リスを心配する子どもがちょっと苦手かな。後書きによると、シリーズが5巻以上続いているらしいので、導入部と考えるとありなのかもしれない。

  • 「下宿人募集——ただし、子どもとネコと龍が好きな方。」
    というところから始まる、日常の中にファンタジー要素を
    取り入れた作品。

    龍は手作りの陶器の龍、でも生きてるかも?という
    あやふやな状態でお話は進み、20歳の下宿人と
    下宿先の11歳の女の子がリスを助ける物語。

    登場人物が全員幼く感じたのは
    児童文学だからでしょうか。日本の作品なら
    下宿人が中学生~高校生、女の子は6~9歳ぐらいの
    設定で書かれるかもしれません。

  • ハイファンタジーと見せてエブリデイマジック……のような。きらいではないけど、けっきょくリスの話なのか? っていうところで、ちょっと読みはじめの心構えととちゅうでずれていく感じ。こころの中の龍……というほど龍の話でもなかった。いや、そうだったのかもしれないけどちょっとリスと龍がお互いに印象を消し合っているようなところもあり。むずかしい。

  • 龍のすむ家

  •  ブックパスにて。いわゆるライトノベルというか、児童文学書。『ハリー・ポッター』や『グース・パンプス』シリーズみたいな、海外の翻訳本。
     龍のすむ家、とあるけれど、実際はハイイロリスと彼らを巡る人間の物語、といったところ。
     勿論龍は出てくるといえば出てくるのだけれど、しっかりと姿を現して……と言うわけではない。夢の中とか、空想の中とか、そういった大部分に出てくる。龍の冒険譚、と言うわけではないので、そういったものを求めている人には向かない。


     最後のほうの、庭師ジョージがルーシーを慰める際に
    「その体が、木が生きる際に役立つ。仲間にお返しする。地面からとったものは、地面に返す。自然の摂理さ」
    と説明するのだけれど、その台詞を見て、なんだかほっこりした。

  • 表紙と龍と猫のキーワードに興味が湧いて読んでみたけど・・・ちょっと思ってたのと違いましたな。どうにも「面白かった!」と手放しで言えない私の読書スキルに本に対して申し訳なく思う。シリーズ物なので人気作で面白い作品なんだろうけど多分相性が悪いんだな~。

  • 龍の物語かなと思いきや、思いのほかリスの物語だったのでびっくり。いや別にいいんだけども。

全99件中 1 - 10件を表示

クリス・ダレーシーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
コルネーリア フ...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

龍のすむ家を本棚に登録しているひと

ツイートする
×