渡辺芳則組長が語った「山口組経営学」

著者 :
  • 竹書房
3.18
  • (3)
  • (2)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812423004

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なるほどと思う部分が有ったけど、全体的には、、。

  • 五代目渡辺芳則組長の生の声ですね。
    やくざは大変だなと・・・
    あとやっぱり経営学とはまったく関係ありませんでした(笑)

  • 8/1読了
    空港の書店で手に取ってしまいました。

  • 水商売のお姉ちゃんや、ホスト、そしてヤクザさん。自分の魅力(いろいろな意味での力)のみで生きていく。自分が商品で、ヘタを打ったらオシマイ。力があり、気遣いができ、愛嬌がある人間は魅力的だ。

  • 面白そうだから買いました。が、僕的にはいまいちかなぁ・・。もうちょっとつっこんだ経営学かと思ったよ。とゆーことで星二つ!!

  • 管理職の方必見です、帯にも書いてある通り(笑)、普通の人は敬遠するかもしれませんがかなりビジネスにおいて役立つ中身になってます!中間管理職の方どうぞ♪

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。ジャーナリスト。1942年、東京都に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。出版社勤務を経て、フリーに。著書には『暴力団』(新潮新書)、『血と抗争 山口組三代目』『山口組四代目 荒らぶる獅子』『武闘派 三代目山口組若頭』『ドキュメント 五代目山口組』『山口組動乱!! 日本最大の暴力団ドキュメント2008~2015』などの山口組ドキュメントシリーズ、『食肉の帝王』(以上、講談社+α文庫)、『詐欺の帝王』(文春新書)、『パチンコ30兆円の闇』などがある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞を受賞した。

「2018年 『山口組三国志 織田絆誠という男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺芳則組長が語った「山口組経営学」のその他の作品

溝口敦の作品

ツイートする