稲川淳二の怖い話 ザ・ベスト (竹書房文庫)

著者 :
  • 竹書房
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812431269

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代ものの怪談集。文章を見て、稲川さんの声を頭の中で再生して楽しむ本。ご本人の声は何年も聞いてないと思うのだが、簡単に再生できてしまい驚いた。
    なぜ稲川さんの話は怖く感じるのだろう。声の質や、間の取り方かな?と、個人的に思っていたのだが、文章として見るとポイントが見えてくる。分かりやすい説明による導入と、音や感触を含めて、臨場感を高めている構成も肝なのだろうと思った。
    お話の内容では、ハワイの廃病院をうろつく話が面白かった。

  • 大好きな稲川淳二氏の怪談ベスト盤。とりあえずいろんな話が詰まってて面白い。個人的には、あの語り口調を文章にするとこうなるのか…とツボにきてしまった。

  •  「講談師」ならぬ「怪談師」としては、他者よりも幾歩も抜きんでている稲川淳二氏。
     彼が過去に語った怪談の中から、アンケート結果を元に厳選した数本+新作を掲載した、正に『ザ・ベスト』な本。
     第1位に輝いた「生き人形」の後日談から、怖いんだけれども、ただ怖いだけではない秀逸な悲話の「北海道の花嫁」、新作として、怖いんだけれども、オチが凄い「箱根の宿で」など、奇作・名作が盛り沢山。
     読み進めていけば、稲川さんの、あの独特の語り口が聴こえてくるかも……?

  • -

全5件中 1 - 5件を表示

稲川淳二の作品

稲川淳二の怖い話 ザ・ベスト (竹書房文庫)に関連する談話室の質問

ツイートする