危険な子爵に愛してると言わせる方法 (ラズベリーブックス)

  • 竹書房
3.75
  • (3)
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (501ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812439548

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ヒロインの身分が明かされるまでがちよっと長いかな
    今のところ、ジュリアロンドンにハズレなし

  • フェアチャイルド 3 いとこ

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    数年前、貧しい生活から脱却するためにマダム・デュプリーという架空の人物としてドレスを売り始めた伯爵令嬢フィービーは、お金の心配がなくなった今でも趣味でドレスを作り続けている。もしこの秘密がばれたら自分はもちろん、姉と従姉、さらには高い地位にあるその夫たちにとっても身の破滅だ。それなのに注文は殺到する一方で、ついにブティックのオーナーから、ある屋敷に滞在してドレスを作るようにと脅されてしまう。断れば秘密をばらすと言われてしぶしぶと、しかしどこか誇りを感じながら旅立ったフィービー。だがたどり着いたベッドフォードシャーで待っていたのは完全なる使用人としての生活と、ハンサムで不思議な魅力を持つ、伯爵家の跡取りで子爵のウィルだった―。秘密を抱える令嬢のひと夏の恋の行方は…?デビュタントシリーズついに完結。

    なんかばらばらに読んでます。
    フィービーが個人的には一番好きかな。
    どんなドレスかぜひぜひ見てみたい、と思うところがたくさん。
    伯爵があのままなのはなんか残念。ま、治療法もない時代だからしかたないけれどいい人っぽかった。

    The dangers of deceiving a viscount by Julia London

  •  偽名でクチュリエをしていたのに、脅迫されて住み込みで人のドレスを作ることに。これ、貴族の子女としてはどうなの?
     詳しい話は忘れたけど、妹に苛立つ子爵が可愛い。

全6件中 1 - 6件を表示

ジュリア・ロンドンの作品

ツイートする