• Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812445389

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作家それぞれの作風が楽しめました。

  • やはり合うひとと合わないひとがいる。福澤徹三さんは文章がいい。この本は作家の書いた小説感がめーっちゃあったので怖すぎなくて読みやすいです。

  • この本を枕元に置いておいたら変な夢を見た気がする・・生首追いかけてくる感じの(笑)

    いろいろなホラーがあって楽しかったです。
    うわああっっていう怖さよりもゾクゾクするような怖さが多くて面白かったです。

    「黒猫」のお話にウルっとしました

  • 2017年、10冊目は、主に隙間読書用にしていた、16作家による実話怪談系アンソロジー。

    今回は、フェイヴァリットの1人、平山夢明を筆頭に、真藤順丈、田辺青蛙、円城塔(は伊藤計劃の遺稿を引き継いだ『屍者の帝国』だが)と既読の作家が多数参加。さらに、未読だが、気になる作家の1人、牧野修も。実話怪談界では著名な、黒史郎、黒木あるじ、福澤徹三も、というコトで読んでみました。

    一口に実話怪談と言っても、書き手によってこうも異なるモノなんだなぁ……。自己体験モノ。物語化したモノ。一人称的語りモノ。……等々。

    元々はバカボン鬼塚氏が、ラジオ番組で、「一人居酒屋の友には、実話怪談系がイイ」というのを聞いたのがきっかけで、隙間読書用にし始めた。実際、短い話も多く、隙間読書用には適している。一方、読後の印象はソレ程残らないというのが、正直なトコロ。

    そんな中、黒史郎『放課後心中』、かでなれおん『怖い話のおばさん』あたりが、個人的には好み。

  • 「シオノイエ」引越し先の下見で部屋が塩まみれだったら、普通そこはやめるだろう、まあ、いいかと思えるのが怖い。
    似たような感想だが「大黒」も内臓3つ持ってかれてても、勤め続けるくらい凄い給料ってどんなだよっとツッコミたくなった。
    「またがり」の病院も相当怖いし、怪談というか人間のほうが怖い気がする。

  • FKBシリーズだが、MF文庫の「怪談実話系」シリーズと似たような感じ。こちらの方がより"実話怪談"寄りになっているからか、物語風にならずあくまで怪談になっているし、不気味度もこちらのが濃いようにも思える。

    詳しくはこちらに。
    http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/2011-10-17

  • 実話と言われると、ちょっと怖さが増す。さらっと読みやすいホラー本。

  • 平山夢明の怪談シリーズ。作者の差があまりわからない

  • つまんない

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ホラー小説家。恐怖、狂気、畏怖といったあらゆる「異常」をソリッドに描く。『超怖い話』シリーズ、日本推理作家協会賞短編部門受賞作『独白するユニバーサル横メルカトル』(光文社)、第13回大藪春彦賞受賞作『ダイナー』(ポプラ社)ほか著書多数。ラジオ、TVパーソナリティ、映画監督としても活躍している。

「2019年 『東京伝説(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平山夢明の作品

ツイートする