• Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812447543

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 竹書房文庫の「不思議で怖くて不気味な話」略してFKBシリーズの第10弾で、実話撰(アンソロジー)「饗宴」の第2弾。

    執筆陣は前回以上にバラエティに富んでおり、怪談・ホラーの書き手以外の作家から映像作家、芸人、AV監督まで。
    そういうごった煮的なところが「実話系怪談」というエンタメの面白さの一つでもあるんだろう。

    詳しくはこちらに。
    http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/2011-12-11

  • 楽しめました。

  • 表紙の不気味なオブジェがどうしてできあがったかの理由に納得。
    形で表すことができるって凄い

    怪談のように怖い話もあるし、んん?って思ってしまう奇妙な話、思わず顔をしかめてしまうような不気味な話もありで満足です

  • 高橋ヨシキ「うつろな女」が圧倒的

  • うどん、とゴローの怖い話語りはよかったが、全体的に厭な話が多い気がする。そろそろ終わりかな。

  • まあまあ

  • 安曇さんすげえ。

  • -

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

ホラー小説家。恐怖、狂気、畏怖といったあらゆる「異常」をソリッドに描く。『超怖い話』シリーズ、日本推理作家協会賞短編部門受賞作『独白するユニバーサル横メルカトル』(光文社)、第13回大藪春彦賞受賞作『ダイナー』(ポプラ社)ほか著書多数。ラジオ、TVパーソナリティ、映画監督としても活躍している。

「2019年 『東京伝説(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平山夢明の作品

ツイートする